« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

2021.03.28

S1ブロック改:跨線線路橋(架線柱#1)

3/23(火)、3/24(水)及び3/27(土)、跨線線路橋の架線柱の作製を実施。
国鉄天ヶ谷線の架線柱作りはコンクリート柱の材料が手元に無くなったので中断して、代わりに、跨線線路橋の架線柱作りをスタート。この橋を通る路線も国鉄線という設定で(路線名は未定)、非電化ローカル線という設定もあり得るのだが、電機好きとしは鉄橋を行く姿が見たいので、迷うことなく電化路線にする。
鉄橋の架線柱と言えば、柱は鉄骨タイプが一般的なので、素材にはKATOの「(HO)複線ワイドラーメン架線柱」を使う。この製品のディティールは素晴らしいが、出来が良すぎて、切ったり貼ったりの加工がやり難い。実は、前回の記事で出てきた「変電所建物の前の2つの架線柱」はコレで作るつもりで、加工しようとしていたが、キレイに作れそうもなかったので、途中で諦めた。
可動ブラケットは、KATOの「(HO)単線ワイド架線柱」から切り取って使用。この製品のディテールも素晴らしいが、形状が昔の国鉄タイプと違うのがチョット残念。可動ブラケットだけでは寂しいので、き電線等を吊るす腕金も取り付ける。上の方のはイーベルの「単線架線柱」から、下の方のはKATOの「(HO)単線ワイド架線柱」から持ってきた。イーベル製品のディテールレベルは「普通」なので、KATO製品の碍子に比べると見劣りするが、白く塗るとそれっぽく見えるハズなので、気にしない。
210327s11
架線柱は橋脚上に設置するのをイメージしていたが、可動ブラケットのサイズが大きく(実物では鉄橋用はもっと小さいのが多いと思う)、線路から離さねばならなくなったので、取付用の支柱を作り、柱の根元付近に接着した。
塗装前段階は、これにて出来上がり。なお、接着には全て100円ショップで買ったゼリー状瞬間接着剤を使用。

| | コメント (0)

2021.03.14

S1ブロック改:国鉄線架線柱(#2)

3/14(日)、国鉄線架線柱の作製を実施。
変電所建物の前には、変電所からき電線へ配電するために2つの架線柱を並べる予定で、それが可能かどうか、昨日作った架線柱ビームを使って確認してみた。結果、懸念していた両者の場所の取り合いにはならず、無事に建てられることがわかったので、コンクリート柱作りに移行。
イーベルの製品にはもちろんコンクリート柱は付いてくるが、やや太くて自分のイメージに合わないので、いつものように、エバーグリーンの3.3mm径プラ丸棒で作った。
210314s11
変電所の前以外にもう1つ架線柱を建てるため、追加で線路4本用のトラスビームを作ったが、こっちのコンクリート柱は、手元のエバーグリーンのプラ丸棒が足りなくなって、作れず...

| | コメント (0)

2021.03.13

S1ブロック改:国鉄線架線柱(#1)

3/13(土)、国鉄天ヶ谷線の架線柱の作製に着手。
先日作った変電所を建てる位置を決めようとしたら、スペースに余裕が無く、架線柱と場所の取り合いみたいな状況なので、架線柱も作って検討することにした。
210313s11
素材は、S3ブロックから使っている、イーベルの「複線架線柱」。私の知る限り、トラスビームタイプの市販品はコレがベストだと思う。複線ならばそのまま使えるが、4本の線路を跨がねばならないので、2つの複線用ビームを繋いで使う。接続用に足したのはエバーグリーンの0.75mm×1.5mmプラ角棒。接着剤には、100円ショップで買ったゼリー状の瞬間接着剤を使った。

| | コメント (0)

2021.03.06

S1ブロック改:食堂(料理サンプルショーケース#2)

2/28(日)及び3/6(土)、食堂の料理サンプルショーケースの作製を実施。
ショーケースの外枠は2年以上前に作っていて(→記事はコチラ)、今回はその続きだが、以前の計画と違って表面と裏面を逆にした。まずは、エコーモデルの「窓ガラス板(ポリカーボ/0.25mm厚)」を使って、料理サンプルを載せるガラス板の棚を取付け。
料理サンプルはちゃんと作るとしたら大変だろうが、ちゃんと作る気は無い
エバーグリーンの約3mm径のプラ丸棒を削って丼を作り、それにラベルシールに印刷した料理の写真を貼っただけ 本当はカレーライスのような皿に載る料理もあるだろうが、わかりやすいのでみんな丼物にした。
210306s11
アクリルガッシュのグレイッシュベージュで色を塗った後、最後にガラス板を正面に接着して、出来上がり。

| | コメント (0)

2021.03.03

2021年2月のにゃあ太

妙に寒かった1月に比べると、2月は最高気温が15度ぐらいの日も多くて春が近づく気配も感じられたが、全体的にはまだまだ冬。
家中ポカポカなんて贅沢仕様ではない我が家では、ヒトもネコも同じところで過ごすことが多いので、にゃあ太との「会話」の機会も自然と増える。
 
2102nyata01
お気に入りポイントにも朝日が当たるようになってきた
2102nyata02
背を向けてすねているように見えるが、これが通常のポジション
2102nyata03
いつも、ここで背中をスリスリ
 
以前、どこかの大学が、飼い猫が自分の名前を理解しているのを実験で証明していたが、飼い主の皆さんの多くは、「何を今更」と思ったに違いない。
にゃあ太も、明らかに自分が呼ばれているのがわかっているし、都合の悪い時は「顔は向けずに耳だけ向ける」という技まで持っている
 
2102nyata04
そこは、爪研ぎするところじゃないんだよねぇ
2102nayat05
見事なニャンモナイト
2102nyata06
草を食べるのも、散歩の目的
 
他にも理解している言葉はあって、「ごはん」「ちゅ〜る」「散歩」はほぼ確実。さらに、視線と身体の動きだけで気持ちが伝わったりして、なかなか楽しい。
こんな風にコミュニケーションを深めていくのも、飼い主の醍醐味だと思う
 
2102nyata07
昼間はしゃぎ過ぎて、グッスリ
 
狩猟訓練中

| | コメント (0)

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »