« 2021年3月のにゃあ太 | トップページ | S1ブロック改:私鉄線架線柱(#2) »

2021.04.12

S1ブロック改:私鉄線架線柱(#1)

4/11(日)、私鉄線の架線柱の作製を実施。
2つの国鉄線に続いて、天ヶ谷電軌市内線の架線柱作りをスタート。架線柱は3本立てるが、その内の1本は、エコーモデルの「架線柱(片持/レールタイプ)」の2組入の1つを使う。もう1つは隣のS2ブロックで使用済(→記事はコチラ)だが、この古レールの架線柱はローカル私鉄の雰囲気が出ていて、個人的にとてもお気に入り。残りの架線柱の柱もコレにしたいところだが、複数の線路を跨ぐために門型になって柱の数が増えるので、そんな贅沢はことは出来ない
210411s11
柱の素材には、セントラルバレーの橋梁のプラキットのパーツを選んだ。本当は、もう少し華奢な感じが良いのだけど。土台のコンクリートを厚紙で表現して、今回はここまで。

|

« 2021年3月のにゃあ太 | トップページ | S1ブロック改:私鉄線架線柱(#2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2021年3月のにゃあ太 | トップページ | S1ブロック改:私鉄線架線柱(#2) »