« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »

2021.07.25

S1ブロック改:信号機(#1)

7/24(土)~7/25(日)、信号機の作製を実施。
いよいよ、最後のストラクチャー作りとなった。作る信号機は2つ。1つは、隣のS2ブロックにある天ヶ谷電軌「星祭町」駅の出発信号機。もう1つは、跨線線路橋を渡った先のトンネル入口の脇に設置する。
素材としては、いつものように、津川洋行の「三灯式信号機キット」を使う。正直なところ、ディティールはかなり今一つな製品だが、HO/16番用には他に適当なのものが無いし。(試しに探してみたら、PLUMから使えそうな製品が出ているのに気が付いた)
210725s11
キットをそのまま組立てるだけなので、作業はほとんど塗装。全体に「Mr.フィニッシングサーフェイサー1500 ホワイト」を吹いた後、アクリルガッシュのジェットブラックや、POSCAの白などを筆塗り。POSCAの白は、アクリルガッシュの白より濃く、プラ材との相性も良いので、下地が黒い時によく使う。
信号灯を塗る前まで、終了。

| | コメント (0)

2021.07.23

S1ブロック改:電柱

7/23(金)、電柱を作製。
コンクリート柱の電柱は隣のS2ブロックから作り始めたが、情景を立体的に見せるのに効果的で、当然、ここでも設置する。まぁ、そもそも、建物があるのに電柱が無いのは、日本の街の風景としては不自然だが。
素材は、碍子も含めて、KATOの「(HO)単線ワイド架線柱」。色は、タミヤのエアーモデルスプレーの明灰白色を全体に吹いた後、柱はアクリルガッシュのグレイッシュグリーンとグレイッシュブラウンの混合、碍子はミキシングホワイトを筆塗りした。
210723s11
塗料が乾いた後に、「巻広告」を貼付けて、出来上がり。

| | コメント (0)

2021.07.21

S1ブロック改:跨線線路橋(保線用通路-すべり止め)

7/4(日)、7/11(日)、7/18(日)に、跨線線路橋の保線用通路のすべり止めを作製。
この跨線線路橋は保線用通路付きの贅沢(?)仕様にしたことで、手すりや通路の支持材などが付いた、よりリアルな雰囲気が気に入っているが、上から見下ろすと、その通路の平べったい感じが妙に物足りない。通路なのだから平べったいのは普通だろ、と自分に言い聞かせようとしたが、結局納得できず、すべり止めの板を貼ることにした。
素材は、ヨドバシカメラ横浜店でたまたま見つけた、その名もズバリ「メタルプレートすべり止め(ファインモールド社)」を使用。表面の凸凹が精巧で用途にピッタリだが、チョットお高い買い物だった。色は、橋本体との違いを明確にしたかったので、ジェイズのカラースプレー「DL一般型気動車色(朱色4号)」を吹いて、タミヤ-エナメル塗料のレッドブラウンを筆塗りした。枕木をよけるような幅でカットし、瞬間接着剤で固定して、出来上がり。
20210718s12
出来映えはほぼ期待通りになったが、枕木を取り付ける前やレイアウト上に設置する前に、しっかり作りたかったなぁ〜が本音。そういう段階なら、すべり止めにしなくても、色の塗り分けや通路のプラ板の加工など、もっと楽で効果的なやり方ができたかも。後悔先に立たず。

| | コメント (0)

2021.07.18

S1ブロック改:国鉄線架線柱(#5)

7/4(日)、7/11(日)、7/17(土)、7/18(日)に、国鉄線架線柱の作製を実施。
架線柱3基の内の2つは、変電所からき電線への給電を行う部分になるため、変電所の前に並べて建てる。両者をつなぐ鉄骨は、KATOの「(HO)複線ワイドラーメン架線柱」の柱から作り、タミヤのエアーモデルスプレーのニュートラルグレーで塗装。
残る1つは跨線線路橋を挟んで反対側に建てるが、建てる場所は、エンドレス外側には擁壁が迫り、エンドレス内側には電車庫がド~ンと鎮座していてスペースに余裕がない。通常の位置でビームにコンクリート柱を取付けるとスペースに収まらないので、柱をやや線路側に近づける形で接着した。
20210718s11
タミヤ-エナメル塗料のフラットホワイト/フラットブラック/レッドブラウンで、新たに追加した鉄骨、コンクリート柱、碍子などを汚して、建てる前の段階としては完成。サッサとレイアウト上に建てて落ち着きたいが、山の緑化作業のジャマになりそうなので、ガマン。

| | コメント (0)

2021.07.03

2021年6月のにゃあ太

毎年この時期は天気の悪い日が多く、にゃあ太の散歩に出られるかどうか微妙な時があるが、その辺りはにゃあ太がしっかり判断する。
地面が少しぐらい濡れていても気にしない、野良ネコ精神が残るにゃあ太だが、さすがに雨が降っている日は「今日はダメだな」とサッサとあきらめる。一方、日が差していなくても、地面が濡れていても、「行ける!」と思うと、玄関ドアの前でニャアニャアとアピール。
その雄叫びをきっかけに、飼い主どもは、蚊取り線香に火を付けたりして、散歩の準備に取りかかるのであった
2106nyata01
今年も、蚊取り線香の季節がやってきてしまった...
2106nyata02
雨上がりの朝
2106nyata03
天気の良い日の方が、やっぱり、ご機嫌な感じ
2106nyata04
じーっと何かを見つめる ネコによくある光景
あまり美味しそうではないな

| | コメント (0)

« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »