« レクサスRX450h:5年目の車検 | トップページ | S1ブロック改:電車庫(屋根のウェザリング追加、塀の作製) »

2021.11.21

S1ブロック改:電車庫(屋根のウェザリング、取付け)

11/20(土)~11/21(日)、電車庫の屋根のウェザリング、取付けを実施。
前回までやっていたトンネル延長部の作製は、つまらなくなったので中断し(って、子供か?)、レイアウト本体に戻って残件を片付ける。
電車庫の屋根は、昨年の8月に塗装まで終えていたが(→記事はコチラ)、屋根板に使っているCampbell製の波型アルミ板が柔らかく、レイアウト作業中に引っかけて壊しそうなので、電車庫建物へは取付けずに放置していた。1年以上経って、ようやく作業再開。
211121s11
 
ウェザリングは、まず、タミヤ-エナメル塗料のバフを薄めて全体に塗り、次にサビの表現を、ポスカの茶色とタミヤ-ウェザリングマスターCセットのアカサビで実施。元々の予定では、タミヤのスミ入れ塗料(オレンジブラウン)でサビを表現するつもりだったが、塗ってみたら、ベースの朱色(=ジェイズカラースプレー「DL一般型気動車色(朱色4号)」)と色が近いのか、サビ色が全然目立たず、期待外れに終わった。
取付けは、張り出し部分の屋根は木工用ボンドで接着したが、メインの大屋根は取外し式にするかどうかを検討中。電車庫の内部は結構作り込んだので(→記事はコチラ)、屋根を外して眺めたりしたい気分もあって

|

« レクサスRX450h:5年目の車検 | トップページ | S1ブロック改:電車庫(屋根のウェザリング追加、塀の作製) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レクサスRX450h:5年目の車検 | トップページ | S1ブロック改:電車庫(屋根のウェザリング追加、塀の作製) »