2010.01.11

Cブロック:樹木-植え直し

樹木の一部について、植え直しを実施。

100111c1_2葉の接着をやり直した3本の木を植え直した。

マットメディウムでガッチリ接着してやったので、もう、そう簡単にパラパラと散ることはなかろうthink

| | トラックバック (0)

2009.03.15

Cブロック:製作終了

架線柱関連の残り作業として、まずは昨日の残件、単線架線柱のガイシを白く塗装。次に、複線架線柱をタミヤのウェザリングマスタで砂埃が付いた風に汚した。さらに、色が気に入らなかったコンクリート土台をデッキタンで塗装し、バラストやターフ等を撒いて接地部分の不自然さを修正。

まだまだ細部にいろいろと手を加えたい点があるが、これにて、ひとまず、Cブロックの製作を終了とする。

090315c1_2090315c2090315c3090315c4090315c5090315c6090315c7Cブロックの製作開始は2007年7月31日なので、製作期間は1年8カ月弱。自作の家が4軒あるとは言え、地形自体はあまり複雑ではなく、やはり時間が掛かり過ぎか。
ま、時間が掛かっただけあって、全体的にはよくできたように思うけどsmile

ちなみに、残件として気になっているのは、商店の商品(段ボール箱を作っただけ...)、民家の雨樋(エコーモデルのキットは買ったんだけど...)、葉が落ちた樹木の修正(コレが一番気になる。木工用ボンドで、しっかり接着しないとダメかな...)等々
って、オイオイ、こんな状況で製作終了なの?punch

| | トラックバック (0)

2009.03.14

Cブロック:単線架線柱(作成)

単線架線柱を作成。

090314c1エンドレス内側の側線(駅1番線)から分岐する単線の引込線(電留線への連絡線)向けに架線柱を作成。
使ったのは、Aブロックでも使用したキット。製品のコンクリート柱はやや太いので、Aブロックと同様、EVERGREENの3.2mmプラ棒に変えている。ガイシ以外の塗装まで終了。

| | トラックバック (0)

2009.03.07

Cブロック:架線柱(設置)

架線柱の設置を実施。

090307c1先週末に塗装した2つの架線柱を設置。
普通に線路際に立っているより、線路脇の斜面や擁壁の途中から柱が出ている方が、ホンモノらしくていい感じ。

090307c2_2以前にも同じようなことを書いたが、架線柱を立てると、電機や電車がより生き生きとして見えてくる。架線柱を立てようかどうか悩んでいる人、迷わず立てましょうhappy01

| | トラックバック (0)

2009.03.01

Cブロック:架線柱(塗装、設置)

架線柱の塗装と設置を実施。

090301c1まずは、先週作った2つの架線柱を塗装。
今日も雲ばかりの冴えない日だったが、チョット日が差した時に速攻でスプレー。

090301c2次に、塗装済みの架線柱を設置。
設置と言っても、移動や収納を考慮して、基本的には取外し式とし、線路脇の斜面や土台に柱を挿し込んで固定する。土台は、建物の壁に使うイラストレーションボードで作り、コンクリートっぽく塗装(もう少し白くしたかったが)して、多用途ボンドで地面に接着。

| | トラックバック (0)

2009.02.22

Cブロック:架線柱(増産?)

架線柱を作成。

090222c1架線柱を2つ作成。塗装もしたかったが、今日の横浜(青葉区)は風が強かったので、断念。
ここのところ、毎週コレばかりで、チョット飽きてきた。サッサと作れば良いのだが、ご覧のように、建てる場所の地形に合わせてビームの長さや柱の高さを変えるため、なかなか進まない。架線柱は、あと1つ作成する予定。

| | トラックバック (0)

2009.02.14

Cブロック:架線柱(塗装)

架線柱を塗装。

090214c1架線柱はあと3つ作成する計画だが、全部作るまで待てず、作成済みの架線柱の塗装を実施した。使った色は、タミヤスプレーのライトゴーストグレイ。

090214c2当然ながら、さらにリアルに。税抜き1500円の鉄橋桁のキットで、ここまでそれらしく表現できれば十分。
チョット、私鉄風の感じもするけどcoldsweats01

| | トラックバック (0)

2009.02.08

Cブロック:架線柱(量産版作成)

前回の試作機を参考に、量産機を作成。

090208c1試作で気になった柱とビームの太さの違いは、柱のパーツをビームの上面と下面に使うことにより対応。製品中に当該パーツが少ないので架線柱の生産数に影響が出るが、見た目を優先することに。

090208c2今回の架線柱は、複線の本線から左右に側線が少し分岐したあたりに設置するので、複線より広く、ビームは3線ぐらいを跨ぐ長さになる。そのため、単一パーツでは長さが足りず、途中で継ぎ足している。

090208c3柱に合わせて幅を狭くしたこともあり、強度が気になったが、思ったより丈夫で問題なし。なお、設置場所の片側は線路際にスペースがないので、架線柱は横の斜面に刺さる感じになる。

う~ん、やっぱり架線柱があると、電機が映えるねぇhappy02

| | トラックバック (0)

2009.02.01

Cブロック:架線柱(試作その2)

架線柱試作、第2弾。

090201c1前回の架線柱試作で「この手法で行くか!」と決めたものの、ビーム部分のペラペラ具合が気に入らず、もう一度試作。
ビームの4面をトラスにすることで、かなり頑丈になった。元のキットからトラス部分を切り出したり、箱型に組んだりと、手間は増えてしまうが、見た目もこちらの方が断然上。
ただ、ビームが柱より太くなってしまい、真上から見るとチョット違和感が... う~ん、なかなか難しいなぁcoldsweats01

090201c2架線柱を設置する上で気になるのが、パンタグラフとの接触。Aブロックの架線柱を参考にしたので大丈夫のハズだが、試しに電機を並べて、パンタと架線柱の離れ具合をチェックしてみた。
こうやって眺めるとパンタの高さが各々で異なっているのがわかる。
架線の張り方にもよるけど、この中ではEF66の高さがBESTかなwink

| | トラックバック (0)

2009.01.25

Cブロック:架線柱(試作)

架線柱は、移動と収納の妨げになるため、当レイアウトでは設置が厳しいのだが、視覚的な効果は抜群なので、Aブロックに続き、このCブロックでも架線柱を設置することにした。まずは、試作。

090125c1私にとって架線柱の作成を難しくさせている理由の1つが、手頃なキット/製品が無いこと。LazyJackの架線柱なんて、とても組み立てられる自信はない。
ということで、今回使ったのは、私でも何とか作れそうな、FABで以前購入した鉄橋の鉄骨桁/梁のキット。

090125c2架線柱らしくなるかどうか、試しに組立て、レイアウト上に仮置きしてみた。気になるのは、柱の部分がホンモノは4面が網目状になるのが、このキットでは2面になってしまう点。ビーム部分もプラ板がペラペラで、1mm角材の補強を必要とした。
でも、まぁ、そんなに違和感は無いから、この手法で行くかな。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧