2017.07.27

「生命の星・地球博物館」

夏休みに入ったというのに、天気が冴えない。景色の良いところへドライブに出掛けるつもりだったので、何ともガッカリな感じ。ただ、ずっと家に居てもつまらないので、妻が以前から行きたいと言っていた、神奈川県立「生命の星・地球博物館」に出掛けてきた。場所は、小田原厚木道路の箱根口ICのすぐ近くなので、チョットしたドライブにもなるし。

常設展示は、地球や生物の誕生から現在までの過程や進化がテーマ。思っていた以上にスケールの大きい展示で、なかなか見応えがあった。

170727mnh01170727mnh02

170727mnh03170727mnh04

170727mnh05170727mnh06

特別展は、「地層はぎ取り標本」の展示。標本の採取(?)は、崖などに接着剤を吹き付け、そこにガラスウールを貼って、バリバリはぎ取る、というやり方。興味深い内容で面白かった。

170727mnh07170727mnh08

170727mnh09170727mnh10

| | コメント (0)

2017.04.23

河口湖「桜のお花見」

4月になると、「桜の花見に行かねば!」という気分になるが、週末になると天気が今一つで、いつの間にか、箱根も葉桜になってしまった。今年の花見はなしかな...とあきらめかけながらもweb上を調べていたら、「河口湖で満開」という情報を発見。「これが最後のチャンス」と、4/23(日)に出掛けてきた。

170423kw01170423kw02

自宅を7:30頃に出発して、東名→圏央道→中央道と渋滞もなく、9:15頃には河口湖大橋を渡った。予定通り早く着いたと思ったが、オルゴールの森美術館等がある賑やかなエリアは駐車場が既にいっぱい。「富士・河口湖さくら祭り」が開催されていて、その影響なのかもしれないが、それにしても、皆、早起きなんだねぇ...

170423kw03170423kw04

仕方ないので、湖岸の道を他のエリアに向けて移動。で、落ち着いたのが、「道の駅かつやま」とその目の前にある「小海公園」。
河口湖というと、湖畔近くまで建物が並んでゴチャゴチャしているイメージだが、ここは湖畔に広大な芝生の広場が拡がり、河口湖にもこんな自然を満喫できるようなエリアがあるんだねぇと、新発見の気分。

170423kw05170423kw06

小海公園の次に訪れたのが、「富士御室浅間神社」。
河口湖周辺にはいくつかお花見スポットが点在しているが、そのほとんどは、小海公園と同じような公園の桜並木的なところ。富士御室浅間神社では他とはひと味違う桜を眺めることができそうなので、気にしていたのだが、運良く駐車場が空いていて、立ち寄ることができた。

170423kw07170423kw08

170423kw09170423kw10

webで調べた情報通り、表参道の桜のトンネルが見事だったが、背景に富士山が入る景色は感動的だった。写真ではうまく撮れないのだが...

170423kw11170423kw12

170423kw13170423kw14

11:00過ぎに帰路につく。帰りは、東富士五湖道路を通って、御殿場ICから東名へ。行きと同様に渋滞なしで、途中、海老名SAで昼食を買って、13:00頃に帰宅。
昨年秋の紅葉狩りもNGで、河口湖にはあまり良いイメージがなかったが、桜の名所としてはなかなか見所が多く、ちょっと見直した。

| | コメント (0)

2017.03.19

高尾梅郷-木下沢梅林「梅のお花見-第2弾」

Kgs00先日、3/5(日)に訪れた曽我梅林(→記事はこちら)では花が残り少なくなっていて、今年の梅のシーズンは終わったなぁと思っていたが、「高尾梅郷は、今、梅が満開」という記事を、web上でたまたま発見。詳しく調べたところ、高尾梅郷の1つの「木下沢(こげさわ)梅林」に駐車場があるのを、さらに発見。天気も良くて暖かくなりそうだったので、梅のお花見ドライブ第2弾に出掛けてきた。

3連休の真ん中で道が混むだろうと、自宅を8:00に早目に出発。東名から圏央道を通って高尾山ICで下りるというルートと思いきや、東名の渋滞を察知したナビがルートを変更。R246→R16→町田街道→R20と、全て一般道を走行して、何とか、10:00前に駐車場に辿り着いた。

Kgs01Kgs02

Kgs03Kgs04

曽我梅林は梅の農園が観光用に開放されたものだったが、ここ木下沢梅林は、観光向けに(たぶん、そうだと思う)小高い丘を埋め尽くすように紅梅・白梅が植えられていた。作られた感じの景色ではあるが、満開の梅が上下左右に重なり合うように咲き誇り(ガイドによると、木の数は約1,400本)、その見事な景観に圧倒された。

Kgs05Kgs06

Kgs07Kgs08

Kgs09Kgs10

満開で3連休、さらにポカポカ陽気と、花見客で混雑しそうな気配が満載だったが、それほどメジャーな梅の名所ではないのか、人出はそれほど多くなく、のんびりゆっくりと梅の花を楽しめた。丘の頂上には、小さな広場があって、家族連れがお弁当を拡げていた。ウチもおにぎりとか、持ってくればよかったなぁ。

Kgs11Kgs12

Kgs13木下沢梅林

Kgs15Kgs16

11:30頃、帰路につく。まだ昼なので、帰りは圏央道と東名でスムーズに帰れると思いきや、東名上りが町田ICを先頭に渋滞していて、ナビのご指示に従い圏央厚木ICで下りて、R129→R246で帰ることになった。
梅林も良かったが、ドライブも予想外の展開ばかりで、なかなか、おもしろかったsmile

| | コメント (0)

2017.03.05

曽我梅林「梅のお花見」

3/5(日)、天気が良くて暖かい1日になりそうだったので、急にどこかに出掛けたくなり、曽我梅林に梅のお花見に出掛けてきた。
9:00過ぎに自宅を出発し、東名の大井松田ICで下りて、県道72号で国府津方面へ。曽我梅林といえば神奈川県では一番有名な梅の名所と言っても過言ではないが、50年以上も神奈川県に住んでいて、実は一度も行ったことがない。しかも、ろくに下調べもせずに出発したので、どこがメイン会場(?)なのかわからず、途中で下曾我駅に寄って地図を見たりしたが、10:00ぐらいには無事に「別所梅林」の駐車場に到着した。

170305soga01170305soga02

170305soga03170305soga04

曽我別所梅まつりが2/4(土)から開催されていて、今日、3/5(日)は最終日。満開/見ごろからは時期が経ってしまっていて、やや寂しい風景だったが、場所によっては花がたくさん咲いていて、そこそこ、お花見が楽しめた。

170305soga05170305soga06

170305soga07170305soga08

お土産の梅干しを買う時にお店の人に尋ねたら、今年は、昨年11月に雪が降ったのを梅が真冬と勘違いしたらしく、その後1月が暖かかったので、早々と2/10頃に満開になってしまったとのこと。いつもは花がもっと残っていて、まつりの期間を延長する年もあるらしい。

170305soga09170305soga10

花が少なかったのはチョット残念だったが、ポカポカ暖かい中、ブラブラと梅林を散策して、気分的には十分にお花見を満喫した感じ。次は満開の時に来たいと思うが、混雑がひどくて、こんなのんびり気分は味わえないのかも。

| | コメント (0)

2017.01.01

大雄山最乗寺 初詣

謹賀新年。
ということで、恒例になっている(昨年はサボったけど)元日早々の初詣に、「大雄山最乗寺」へ出掛けてきた。

170101sj00最乗寺には、2013年の11月に紅葉狩りに出掛けていて(→その時の記事はコチラ)、今回が2回目。寺には250台収容できる大きな駐車場(ただし、入口は狭い)があるが、正月三が日は交通規制で最乗寺に上る道が車両通行止になり、クルマ利用者は麓の富士フィルムのグランドに駐車して、シャトルバスで送迎してもらうという仕組みになっている。

170101sj01170101sj02_2
170101sj03170101sj04

いつものように「早起きは三文の徳作戦」で、自宅を8:00前に出発。途中、東名の中井PAでトイレ休憩して、グランドには9:00頃に到着。既にグランドの半分ぐらいがクルマで埋まっていた。皆さん、なかなか行動が早い。
シャトルバスに乗るのに長々と待たされるかもなぁと心配していたが、大型の観光バスが既に待機していて、全く待たされることはなかった。大雄山駅と最乗寺を往復するバスも含めて、かなりのバスが運行されていて、とっても便利happy01 ただ、運賃は往復で700円とそれなりに掛かるので、大人4人ならばタクシーの方がお得かも。グランドにはタクシー乗り場もしっかり用意されていた。

170101sj05170101sj06
170101sj07170101sj08

グランドに並んだクルマの数から、境内は参拝客で混んでいるかなと思ったが、そこそこ人出は多いものの、混雑と呼ぶには程遠い状態。人が少な過ぎて初詣気分が損なわれるということもなく、ちょうどいい感じ。おかげで、初詣気分を楽しみつつ、マイペースでお参りすることができたconfident

170101sj09170101sj10
170101sj11170101sj12

本堂でお参りした後は、広い境内を散策。最乗寺の最大のメリットは、この、水平垂直の両方向に大きく拡がった境内にあると、個人的に思う。本堂や拝殿等でお参りしたら、後は帰るしかないような寺や神社は、どうも楽しくない。以前、武田神社に初詣に出掛けたことがあるが(→その時の記事はコチラ)、わざわざ時間を掛けてやってきたのにガッカリな内容だった。それに比べると、ここは景色や地形の変化に富んでいて、単に散歩するだけでも楽しめる。一番奥、300段の階段の上にある奥の院は、今回は見送ったけどcoldsweats01

170101sj13170101sj14
170101sj15170101sj16_2

散策を終え、葉団扇(↑最初の写真を参照)を買って、10:30頃、境内を後にした。帰りもバス停に観光バスが待っていて、楽々とクルマを駐車したグランドに到着。東名も全く渋滞は無く、途中で海老名SAに寄って昼食を買い、自宅には12:00ぐらいに着いた。
天気に恵まれ、混雑もなく、のんびりじっくりと初詣を楽しむことができた。来年も最乗寺に行こうかなsmile

| | コメント (0)

2016.11.09

河口湖・山中湖「紅葉狩り」ドライブ

11/6(日)、天気が良くて暖かそうだったので、河口湖と山中湖へ紅葉狩りドライブに出掛けてきた。
8:00頃、自宅を出発。まずは河口湖を目指したので、圏央道から中央道というルートの予定だったが、圏央道で事故渋滞発生の表示がでたので、ナビの誘導を無視してそのまま東名を直進。御殿場ICで降りて、河口湖湖畔の駐車場に10:00前に到着した。

161106mmj01161106mmj02

河口湖に紅葉狩りに訪れるのは、今回が初めて。河口湖は「ごちゃごちゃして混んでいるところ」というイメージがあって、ほとんど寄りつかない場所なのだが、web上で山梨県のメジャーな紅葉名所として紹介され、葉の色付き状況は「色付き始め」という情報だったが、紅葉祭りも開催中とのことなので来てみた。

161106mmj11161106mmj12

が、辺りを見回しても、紅葉名所らしい雰囲気がない。とりあえず、駐車場整理のおじさんが教えてくれた「もみじ回廊」に行ってみると、1本の木だけ何とか紅葉と呼べる状態で、他は緑のまま。
まぁ、それは事前の情報通りなので仕方ないとしても、ガッカリだったのは、「もみじ回廊」のスケールの小ささ。「えー、たったコレだけ?!」と思わず、声が出てしまった。もう二度と、ココに紅葉狩りには来ないなと確信gawk

161106mmj21161106mmj22

161106mmj23161106mmj24

161106mmj25161106mmj26

このまま帰るのはさすがにもったいないので、紅葉を探して辺りをウロウロ。近くにあった「久保田一竹美術館」周辺で、それなりに紅葉が楽しめた。

161106mmj31161106mmj32

161106mmj33161106mmj34

今一つ納得いかない気分のまま、山中湖湖畔でも紅葉祭りが開催中というので、そちらに移動。

161106mmj41161106mmj42

161106mmj43161106mmj44

山中湖の祭り会場は、湖畔の「旭日丘湖畔緑地公園」。河口湖は、紅葉にかこつけてお祭り騒ぎしたいだけじゃないの?という感じだったが、こちらはお祭り気分は抑えられ、主役の紅葉をじっくりのんびり味わうことができた。富士山の眺めも別格。紅葉の名所とまで言えるほどの見応えはなかったけどbleah

161106mmj45161106mmj46

161106mmj47161106mmj48

いつものように東名上りの渋滞を避けるため、14:00過ぎ、早めに帰路についた。が、どこかのバカが事故ったおかげで、厚木の手前を先頭にした10km以上の渋滞にはまり、さらに東名名物の大和トンネルを先頭にした渋滞に巻き込まれ、自宅に着いたのは17:30近くになってしまったsad

河口湖も山中湖も、紅葉スポットとしてはB級な感じだったが、ドライブ自体は楽しく、長距離のお出掛けは久しぶりということもあって、満足な週末を過ごすことができたhappy01

| | コメント (0)

2016.08.10

清里方面1泊2日旅行

8月7日(日)~8日(月)、清里方面へ旅行に出掛けてきた。

2年連続の夏の清里になるが、あの高原の涼しさと爽やかさは一度味わうと病みつきになる。その上、おいしい食事が約束された定宿もあるし。

Ks001Ks002

■1日目:8/7(日)

にゃあ太を動物病院のペットホテルに預ける必要があったので、出発は遅く、自宅を出たのは10:00頃。東名に青葉ICから乗って、そこから横浜町田ICまでと、圏央道の八王子JCT付近から中央道の相模湖ICまでの2ヶ所が、予定通りに渋滞したが、他は快調。
まずは、昼食のため、13:00頃「萌木の村」に立ち寄った。「メリーゴーラウンドカフェ」で、天然酵母パンとスープのセットと厚切りベーコンのBLTサンドを注文。テーブルのメニューに乗っていた写真では今一つな感じだったが、実物はとても美味かったdelicious

Ks101Ks102

昨年のゴールデンウィークと夏休みの2回で、清里の有名な観光スポットはほぼ見て回ったので、今回、最初の目的地に選んだのは、清里エリアから少し外れた「国立天文台 野辺山宇宙電波観測所」。14:00頃に到着。観測の邪魔にならないよう、携帯電話の電源を切ってから入場。
特にアンテナが動いたりするわけでもないが、見学コースにいろいろと説明パネルが並び、展示室もあって、結構おもしろい。まぁ、子供には難しいし、興味が無いと全くつまらないところだろうが。

Ks201Ks202
Ks203Ks204

シンボル的存在の巨大な45m電波望遠鏡は、説明パネルによると、観測シーズンは冬から5月ぐらいまでで、夏はメンテナンスのために真上にアンテナを向けているとのこと。手前に並んでいたミリ波干渉計のような姿を期待していたので、チョット残念。

Ks205Ks206
Ks207Ks208

宿泊先は、いつもの清里高原ハイランドホテル。JTBのwebサイトで予約した時は普通のツインだったが、常連さんへのサービスとのことで、当たり前のように昨年と同じスィートルームに案内された。常連と言っても、まだ3回目なのだけどcoldsweats01

Ks301Ks302


■2日目:8/8(月)

2日目の朝は、ホテルの若支配人曰く「完璧な良い天気」。朝食後に、恒例の散歩に出てみたが、確かに見事な八ヶ岳ブルーが空を覆っていた。昨年の夏は大気が霞んでいて見ることができなかった八ヶ岳も、青空をバックにくっきりと浮かぶ。

Ks401Ks402
Ks403Ks404

2日目の目的地は決めていなかったが、朝食の時に、ホテルの従業員さん(本業は、猫グッズ作家。作品は萌木の村の「ル・シャ・デ・ボア」で販売。)から、天気の良い日にお勧めと紹介された「サンメドウズ清里」に行くことに。
なお、この時の会話で、萌木の村にあるレストラン「ロック」で未明に火事があったことを知った。確かに、寝ている間に消防車が走り去る音を聞いたが、まさか萌木の村とは... 「ル・シャ・デ・ボア」は「ロック」と隣接しているので、水浸しになってしまい、後で片付けに行くという。まさにこれからが夏休みの最盛期なのに、かわいそう...

10:00頃、サンメドウズ清里の山麓に相当するセンターハウスに到着。既に標高は1,600mだが、さらに全長1,100mのパノラマリフトに乗って、標高1,900mの山頂を目指す。

Ks501Ks502
Ks503Ks504

山頂からの眺めは、雄大、爽快、格別happy02
見下ろせば清里高原や野辺山高原が拡がり、遠くに南アルプスや富士山(残念ながら山頂付近は雲に隠れて見えず)が連なり、見上げると空がとても近い。昨年の5月に「美し森展望台」に上った時も絶景を楽しんだが、ここはそれを凌駕する圧倒的な景色で、個人的には"清里一の眺望"と名付けることにするsmile

Ks505Ks506
Ks507Ks508

下りは、乗ってきたパノラマリフトで戻るという手もあるが、200m下にある「清里カフェ」まで歩いて下りて、フラワーリフトで麓のセンターハウスに帰るというルートを選んだ。
気軽な散策とは言い難いレベルの急なこう配が続くが、途中で林の中を抜けたりして、なかなか楽しい。そして、見上げると、感動するほど空が青い。

Ks601Ks602
Ks603Ks604
Ks605Ks606

清里カフェからフラワーリフトに乗ってセンターハウスへ。
今朝の朝食を食べる前までは全く行くつもりはなかったサンメドウズ清里だが、想像以上に楽しい時間を過ごすことができた。勧めてくれたホテルの従業員さん(本業は猫グッズ作家)に感謝happy01

Ks701Ks702

続いて、お土産を買いに「清泉寮」へ。
夏休みらしく観光客で溢れていたが、木陰などでまったりと過ごしている人が多く、全体的にのんびりした雰囲気が漂っていた。清泉寮に来たら、コイツだけは外せないという、ソフトクリームをおいしくいただいて、12:15過ぎに出発。

Ks801Ks802

最後に、「萌木の村」に立ち寄り、お買い物。
朝食の時に火事の話を聞いたが、焦げ臭い空気がまだ漂っていた。我々は直接の関係者ではないが、2年連続で訪れると親しみも湧いて、何とも残念な気分になる。
昨年夏にお土産に買ってきてすっかりファンになった、「清里ジャム」の清里ジャムと「ウォルナットグローブ」のレーズンサンドを買って、13:30頃、帰路に就いた。

Ks901Ks902
Ks903Ks904

今年も爽やかな高原の夏を満喫できた。来年も来ちゃうかもsmile

| | コメント (1)

2016.04.10

箱根町宮城野早川堤「お花見」ドライブ

4月初旬と言えば、やっぱり「お花見」は欠かせない。ということで、4/10(日)、箱根町宮城野の早川堤に出掛けてきた。

160410h01160410h02
160410h03160410h04

早川堤には一昨年に初めて訪れたが、花見客が比較的少なく、屋台も出店しないので、静かな雰囲気の中をのんびり歩きながらお花見ができ、我が家のお気に入り花見スポットになった。
7:30頃に自宅を出て、東名高速→小田原厚木道路→国道1号と渋滞知らずで、8:30頃に臨時駐車場に到着。臨時の駐車場もしっかり用意される点も、良いところ。

160410h05160410h06
160410h07160410h08

今回も、マイペースでのんびりしたお花見が楽しめたが、前回に比べると花見客が増えたような感じ。知る人ぞ知るみたいな場所だったが、だんだんバレてきたか... まぁ、ウチの場合は、朝早く出掛けて、花見客が増え始める頃には帰っちゃうけど。今日も、11:00前に駐車場を出た。

160410h09160410h10
160410h11160410h12

帰りは、御殿場ICから東名高速を利用。途中、足柄SAで早目の昼食をとり、帰りも全く渋滞知らずで13:00頃に帰宅。
やっぱり日本人には「お花見」は欠かせないねぇsmile

160410h13160410h14
160410h15160410h16

| | コメント (0)

2016.01.03

伊勢山皇大神宮 初詣

謹賀新年。
昨年と同様、今年もドライブを兼ねた初詣に出掛けようと考えていたが、適当な場所が見つからず、元旦の朝から早起きするのも面倒だったので、今年の初詣は近場で、という結論に。で、1/3(日)、横浜市西区の伊勢山皇大神宮に行ってきた。
全国的には「それ、どこ?」という感じだが、横浜市民にとっては結構メジャーな神社(「横浜の総鎮守」だし)で、特に私の場合、中区で生まれて、近くの小学校に通ってもいたので、生まれた頃から馴染みの神社だったりする。

160103hatumoude01160103hatumoude02

10:30頃に自宅を出て、横浜ランドマークタワーの駐車場に11:00頃にクルマを停め、紅葉坂方面へブラブラと歩いて向かう。思っていた以上に人気があって、境内へ上る石段の下で入場制限をするほどの混雑。こんなに混んでいる伊勢山皇大神宮を見たことが無いので少々驚いたが、無事お参りしてきた。もう少し、のんびりした初詣の雰囲気を味わいたかったなぁ...

| | コメント (0)

2015.09.22

「葛西臨海水族園」ドライブ

9/22(火)、「葛西臨海水族園」へドライブに出掛けてきた。

Kasai015連休で、毎日良い天気となると、どこかに出掛けないとモッタイナイような気分になる。でも、東名や中央道を利用すると、とんでもない渋滞に巻き込まれるのは必然なので、比較的空いている気がする首都高速湾岸線を使って行けるところへ行こう、ということで、「東京都葛西臨海水族園」を選んだ。
自宅を10:45に出て、第三京浜から首都高へ。湾岸線はアクアライン混雑の影響で川崎浮島JCT付近が渋滞していたらしく、ナビが神奈川1号横羽線を選択。昭和島JCTから湾岸線に向かい、葛西で下りた後の交差点でチョット渋滞したが、12:00頃には駐車場に到着した。

Kasai02Kasai03

Kasai04Kasai05

Kasai06Kasai07

随分前から有名な水族館なのに、訪れたのは今回が初めて。葛西臨海水族園と言えば、その代名詞のように知られているのがマグロの大水槽だが、逆に考えると、それ以外は大したことないんじゃないの?と思っていたら、マグロ以外の展示も充実していて楽しめた。特に、「東京の海」のエリアで、バックヤード見学のように展示の水槽を上から覗けるようになっていたのがお気に入りsmile

Kasai08Kasai09

Kasai10Kasai11

家族連れで大混雑していて、残念ながらじっくりと展示を見ることができなかったが、外に出たら14:30近く。お腹が空いたので、なぜか、公園内にお祭りのように並んでいた屋台から、広島風お好み焼きをチョイス。近くで、以前、センター南の港北東急百貨店で見た大道芸人が、同じネタをやっていたcoldsweats01
帰りは、湾岸線、神奈川3号狩場線、神奈川1号横羽線、第三京浜と、全て順調で、1時間程度で自宅に到着。あ~、楽しかったhappy02

| | コメント (0)

より以前の記事一覧