2020.08.02

7月のにゃあ太

「6月のにゃあ太」で、毎日毎日雨ばっかり、みたいなことを書いたが、7月もまた、負けず劣らず天気が悪く、そうでなくても新型コロナウイルスのおかげで毎日面倒な生活を強いられていて、心の底から「鬱陶しい~」と叫びたくなる月だった。
2007nyata01
とってもお上品なネコに見えるときが、たまにある
2007nyata02
颯爽とした後姿
2007nyata03
紙袋を見つけると、とりあえず、入ってみる
 
にゃあ太もつまらなそうな顔をしている日が多かったが、少し晴れ間が覗くような時は、すかさず家の外へ。地面が濡れていることなんて、全然気にしない。さすがは、元野良猫 しかも、いかにも汚れそうな土の地面をわざわざ選んで、べちゃ~と横たわる。
2007nyata04
あ~あ、また、くもりかぁ
2007nyata05
オモチャで遊んでやっても、すぐ飽きる
2007nyata06
今日は、チョットさわやか
2007nyata07
日なたぼっこができる日は、少なかった
 
ただ、そんなところに腹ばいになっても、なぜか身体が汚れない。にゃあ太のお腹は真っ白なので、チョットの汚れでも目立つと思うのだが・・・ 不思議だ
2007nyata08
ん? いいにおいがするぞ
2007nyata09
なんで、そんなところで横たわるかなぁ
2007nyata10
久しぶりの青空

| | コメント (0)

2020.07.05

6月のにゃあ太

梅雨と言えば6月、6月と言えば梅雨というイメージがあるが、実際には、雨の日はそれほど多くなく、むしろ7月の方がよく雨が降ったりする。が、今年の6月はまさに梅雨のイメージにピッタリで、ウンザリするほど曇や雨が多く、青空が見られる機会が少ない月だった。
2006nyata01_20200705125401
こういう晴れた日の散歩は少なかった
2006nyata02_20200705125401
蚊取り線香が必須な季節に
2006nyata03_20200705125401
「アレッ、何処に行った?」と探すと、こんなところにいたりする
2006nyata04_20200705125401
雨が降っているので、ここから外をチェック
2006nyata05_20200705125401
にゃあ太、大地に立つ!!
日光浴が大好きなにゃあ太も、天気が悪いと気分が乗らないようで、食事やおやつの時以外は昼寝ばかりしていた。ただ、天気に関係なく、以前よりも昼間に寝る時間が長くなったような気もする。にゃあ太も大人になったということか。夜になると、昼間の休養十分なのか、やけにハイテンションになって、家中を走り回ったりしてるけど
2006nyata06_20200705125401
視線の先には何が?
2006nyata07_20200705125401
毎度気になる、柵の向こう
2006nyata08_20200705125401
「もう行こうよ」と引っ張られて、チョット怒ってる
2006nyata09_20200705125401
雨上がりの散歩
2006nyata10_20200705125401
我が家で一番態度がでかいヤツ

| | コメント (0)

2020.06.06

5月のにゃあ太

5月と言えば、1年で一番過ごしやすい時期、そしてゴールデンウィークと、どこかに出掛ずにはいられないものだが、今年は新型コロナウイルスの非常事態宣言の真っ只中で、家の外に出たのは、食料品/日用品の買い物とにゃあ太の散歩ぐらいという有様だった。一方、にゃあ太は遊んでもらえる時間が増えて、いつも以上の「王様」状態に。と言っても、ワガママ放題ということはなくて、在宅勤務などで飼い主どもが忙しくしていると、その気配が伝わるのか、ジャマをせずにおとなしくしていたりする。
2006nyata01
新緑の季節
2006nyata02
何だか、うらやましい、自由な姿
2006nyata03
道を行き交う人や車を、じ~っと観察
2006nyata04
最近、気に入っている昼寝(?)ポイント
2006nyata05
実は、隣の庭にとっても行きたい
 
そんな気遣いも見せるにゃあ太だが、4月あたりから、早朝(未明?)に起きる習慣が始まった。勝手に、家中を歩き回るだけなら良いのだが、4:30頃になると、「ニャー(朝ゴハン、くださ~い)!」と催促。ということで、今一つしっかり眠れない日々が続く、飼い主たちなのであった
 
2006nyata06
怠惰な昼下がり
2006nyata07
朝日を十分に浴びて
2006nyata08
時々、やけに大きなネコに見えるときがある
2006nyata09
お腹をマッサージされると、いつもこんなポーズに
2006nyata10
お気に入りの寝床 毛布は、そろそろ、要らないかな

| | コメント (0)

2020.05.03

4月のにゃあ太

4月は、にゃあ太の誕生月。4月24日で、5歳になった。と言っても、元野良猫なので誕生日の日付は正確ではないが、ウチのイエネコになったのが9月24日で、4月には生まれていた模様(生まれた場所が我が家から見える)なので、この日になっている。
まぁ、とにかく、健康上の問題も特になく、普通に5歳になって、おめでと~
2004nyata01
頭の上から足の先まで、70cmぐらい
2004nyata02
新緑が眩しい季節に
2004nyata03
この出窓も、お気に入り昼寝スポット
2004nyata04
ネコ草をバリバリ
2004nyata05
どこかの写真集に載っていそうな感じで
 
世の中は、新型コロナウイルスの影響で活気が薄れ、閉塞感が漂い、さらに気温が低い日も多くて、チョット冴えない4月だった。
ただ、にゃあ太的には、わがままを聞いてくれるヤツが家にいることが多くて、満足度UPだったかも
2004nyata06
ネコは目が悪いと言うが、小さな虫をすぐ見つける
2004nyata07
ポカポカのウッドデッキ
2004nyata08
満開のネモフィラと共に
2004nyata09
ししゃもの匂いに誘われて
2004nyata10
5歳の立派な成猫らしいときもある

| | コメント (0)

2020.04.05

3月のにゃあ太

3月になると、日ごとに暖かくなって春っぽさを感じる度合いが増していくのかと思いきや、天気の悪い日が多く、三寒四温の「寒」がやけに寒くて、しまいには月末に雪が積もる有様。さらに、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う自粛/行動制限という閉塞感も加わって、「春」というイメージからは程遠い雰囲気に終わった。ま、にゃあ太的にはいつものマイペースだったが。
2003nyata01
夜、寝る前にマッサージしてもらって、とってもいい気分の顔
2003nyata02
ペロッ
2003nyata03
毎度、「オイオイ、落ちないように気をつけろよ」と見守るが、本人は全然余裕
2003nyata04
オヤツちょうだ~い
2003nyata05
ウッドデッキで日なたぼっこ
 
前月は、オヤツの習慣を忘れない話を語ったが、にゃあ太の「腹時計」もその正確さに驚かされる。夕食の時間になると、家の中のどこからか、足音も立てず一声も鳴かず、サササッとケージの中のエサゾーンへ移動。背筋をピーンとさせた見事なお行儀良い姿勢で、無言のまま、エサが出てくるのを待つ。その姿を見て、コッチが「アレッ? もうそんな時間か」と気付かされるほどの正確さ。ということで、食べることに関しては、いろんな才能を発揮するにゃあ太なのであった
2003nyata06
家の中にいても、外の空気を浴びていたい
2003nyata07
裏のウチの庭の草をムシャムシャ...コラコラ
2003nyata08
空になったエサの皿の前で、無言でおかわりを要求
2003nyata09
木にとまった鳥に注目中
2003nyata10
こうやって見ると、結構、たくましい体つき

| | コメント (0)

2020.03.04

2月のにゃあ太

今年の冬は全体的に例年より暖かいが、1月の終わりから2月前半に掛けては、いつもの冬らしい日が多く、晴れていても北風が冷たくて、にゃあ太の散歩に付き合うのは結構きつかった。にゃあ太も寒さには強くないので、ちょっとウロウロしただけですぐに家の中に戻ったりしてたけど。
 
2002nyata01
おー、凜々しい感じ
2002nyata02
と思ったら、次の瞬間、大あくび
2002nyata03
冬は太陽が低くて、日が当たるところが限られる
2002nyata04
暖かい窓際で
2002nyata05
野生の血が騒ぐぜ
 
そんな散歩の後に必ずあるのが、オヤツタイム。そして、オヤツは必ず「ねこ福」(→製品のホームページはコチラ)。いつからこのパターンになったのか、すっかり忘れてしまったが、「散歩の後にねこ福」は、にゃあ太の世界では今や完全にルーティン化していて、家の中に戻るやいなや、ニャーニャーと大声で催促。決して忘れることはない。まぁ、要するに、食いしん坊なのだけど
 
2002nyata06
金目鯛が気になる
2002nyata07
オヤツが置いてある部屋にとどまって、無言のアピール
2002nyata08
コイツら、気になるな~
2002nyata09
春が、だんだん、近づく
2002nyata10
2月だけど、ポカポカ

| | コメント (0)

2020.02.02

1月のにゃあ太

1月は、初めに年末から続く連休があるので、にゃあ太にとっては朝から晩までわがまま放題のパラダイスが何日も続いた後に、急にいつもの生活に戻されることになったが、感心するのは、飼い主側の生活パターンにちゃんと合わせること。ヒトだって正月ボケなんてのがあるので、少しは戸惑った姿でも見せるかと思いきや、しっかり切り替えてくる。
2001nyata01
元日の朝
2001nyata02
逆光に輝くヒゲ
2001nyata03
最近、飼い主たちが夕食を始めると、ココで待機するようになった
2001nyata04
大好きなオモチャで大はしゃぎ。でも、すぐに飽きる
2001nyata05
クルマの下に潜り込むのが好きで、困る
連休の後に限らず、毎週月曜日の朝も同様だが、起床時間が1時間以上早くなっても、「あ、今日はこのパターンね」みたいな感じ。日付や曜日なんて感覚はないだろうに、飼い主たちから漂う雰囲気を感じ取るのかねぇ。いわゆる1つの『動物的カン』ってヤツかな
2001nyata06
こういうヒトのような仕草が、ネコのおもしろいところ
2001nyata07
にゃあ太の敵の1つ、『コロコロ』
2001nyata08
『さわやか自然百景』に集中(鳥さんが出てくるときだけ)
2001nyata09
庭の木にとまっている鳥さんを凝視
2001nyata10
オヤツの催促はニャーニャー騒ぐくせに、
ゴハンの催促は、なぜか、こんな風にお行儀が良い

| | コメント (0)

2020.01.04

12月のにゃあ太

「10月のにゃあ太」で例年と違って天気が悪かったという話をしたが、12月も、雨や曇の冴えない日がやけに多かった。この時期は、気温は低いものの、青空が広がって気分的にはそこそこ良いものなのだけど...
 
1912nyata01
すっかり冬毛で、モコモコ
 
1912nyata02
相手をしてもらえないので、チョット不機嫌
 
1912nyata03
リラックスポーズ
 
1912nyata04
縁起物のマンリョウと
 
1912nyata05
鍋に入ったサケに誘われて
 
1912nyata06
空気は冷たくても、日が当たっていると、意外にポカポカ
 
日を浴びるのが好きなにゃあ太も憂鬱だったかな。天気が悪くて散歩ができない週末もあったし。
まぁ、月末近くになったら、飼い主どもが毎日家に居るようになって、ワガママし放題だったから、文句ないか
 
1912nyata07
冬の夕日を浴びて
 
1912nyata08
勢いよく木に登ってみたものの、ズルズル落ちていく途中の姿
 
1912nyata10
段ボール箱を見ると、中に入って、かじらずにはいられない
 
1912nyata09
冬晴れの日の昼寝スポット
 
1912nyata11
どんなに寒くても、夜でも、この窓からの監視は欠かさない
しかも、ガラス越しでは納得せず
 
1912nyata12
2019年の大晦日

| | コメント (0)

2019.12.01

11月のにゃあ太

11月の初めの頃は、まだまだコートは要らないなぁという日が続いていたが、途中から急に寒くなって、最後の週には最高気温が年末年始の頃なんていう日もあり、一気に冬に近付いた。
1911nyata01
朝日を浴びて
 
1911nyata02
このスタイルで寝るのが大好き
 
1911nyata03
寒くなると、体型が丸くなったように見える
 
1911nyata04
マッサージが気持ち良すぎて
 
普通のネコ並みに寒いのは苦手なにゃあ太は、日が当たる暖かい場所を探して家の中をウロウロしているが、暖房が効いた部屋のホットカーペットの上がホームポジションになりつつある。
 
1911nyata05
ポカポカ気分で毛繕い
 
1911nyata06
我が家の紅葉 その1
1911nyata07
我が家の紅葉 その2
 
1911nyata08
元野良ネコは、地面が濡れていたって平気
 
1911nyata09
濡れた足の裏を、しっかりケア
 
ただ、寒くなっても、窓からの家の外の監視は手を抜かない。寒いので窓を閉めておくと、ガラス越しでは満足しないのか、開けろ開けろとニャアニャア騒ぐ。そのくせ、窓を開けると寒いのが辛いらしく、1分も経たずに監視作業終了。このワガママ野郎のおかげで、あちこちの窓を開けたり閉めたり、妙に忙しい飼い主どもなのであった。
 
1911nyata10
11月最終日は良い天気。風は冷たかったけど。
 
1911nyata11
懸垂か?
 
1911nyata12
11月最終日は良い天気。なので、午後も散歩。

| | コメント (0)

2019.11.04

10月のにゃあ太

10月と言うと、空が青く澄み渡り、爽やかな晴天が続く心地良い季節を期待するが、今年は、台風に大雨と、あまり秋晴れには恵まれず、後半になると急に気温も下がってきて、何ともガッカリな感じだった。にゃあ太は、散歩に出る時間が短くなって、毛布の上で過ごす姿が多くなり、早くも冬に向けた態勢へ。
 
1910nyata01
10月の初めの頃は、まだまだ暑かった
 
1910nyata02
シウマイ弁当本体ではなく、その黄色いヒモが好き
 
1910nyata03
飼い主どもの食事が終わるまで、ここで待機
 
1910nyata04
こんな秋晴れの日が少なかった
 
1910nyata05
あ~、いい気分
 
1910nyata06
屋根裏部屋にて
 
1910nyata07
何か、発見?
 
1910nyata08
いつの間にか、紅葉の季節
 
1910nyata09
ベランダで日光浴
 
1910nyata10
寒くなると、この"ツチノコ"ポーズが増える
 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧