2022.01.01

2021年12月のにゃあ太

11月は「今年の冬はそんなに寒くないなぁ」なんて思っていたが、さすがに12月、一気に真冬レベルに持って行った。こうなると辛いのが、にゃあ太の散歩の相手。気温が低くても、北風が吹いていても、家の中から見ると「雲一つ無い青空が広がる良い天気」なので、全く遠慮してくれない
2112nyata01
突然、木の枝が気になったりする
 
2112nyata04
正午近くになって、ようやく、暖かくなってきた
 
とは言うものの、にゃあ太も普通のネコと同様に寒いのは苦手らしく、それなりに季節に合わせてくれる。
朝は、家の中から庭の日当たり具合をじ~っと観察して、「いける!」と思うと、散歩を催促。ただ、午前中はまだ気温が低いので、30分も経たぬ内に撤収。家に入ると2階に駆け上がって、日当たりの良いクッションや私の敷き布団(にゃあ太の昼寝用に、朝、移動しておく)の上で、午前中の昼寝。
2112nyata03
クッションの上で午前中のお昼寝
 
2112nyata02
朝日を浴びながら、なわばりを監視
 
で、昼の12時~1時あたりになると、2階から下りてきて、昼の散歩の催促。我が家は南向きで、建物が北風を防いでくれるので、庭のウッドデッキは、この季節でも晴れていれば結構暖かい。にゃあ太もわかっていて、家の周りをいろいろとウロウロするものの、ほとんどはここで日を浴びている。昼の散歩が終わると、また2階に上がって、晩ゴハンまで午後のお昼寝。
2112nyata05
昼の散歩のほとんどは、ウッドデッキの上
 
2112nyata06
まだ3時なのに、暮れそうな日差し
 
合間にはオヤツももらっていて、朝ゴハン→散歩1回目→オヤツ→AM昼寝→オヤツ→散歩2回目→PM昼寝→晩ゴハンと、何とも贅沢に冬を過ごしている、にゃあ太なのであった

| | コメント (0)

2021.12.04

2021年11月のにゃあ太

家の中からは天気が良くて暖かそうに見えるけど、いざ外に出ると思っていた以上に空気が冷たい、というのが11月のイメージだが、今年は月末近くになるまではそれほど寒くならず、にゃあ太の散歩もポカポカ気分の時が多かった。
 
2111nyata01
朝の散歩なのに、昼寝しちゃいそう
 
2111nyata02
11月にしては、日差しが暖かい
 
2111nyata03
階段の途中にある出窓で
 
とは言っても、朝夕の気温はだいぶ低くなり、にゃあ太もネコらしく寒さにはそれなりに弱いので、ホットカーペットの上など暖かいところで過ごす時間が長くなった。
これで、窓やガラス戸を開けてくれ~の催促がなくなると良いのだけどなぁ
 
2111nyata04
我が家の紅葉
 
2111nyata05
そこから登るのは無理だろ
 
寝る前の毛繕いは、妙に念入り

| | コメント (0)

2021.11.05

2021年10月のにゃあ太

ここのところ、毎月、天候がいつもと違うなぁという話ばかり書いているような気がするが、10月もまた、衣替えのイメージからは程遠い、最高気温 25℃以上という暑い日々で始まった。いつになったら秋らしくなるのかねぇ、なんて思っていたら、後半になると、今度は最高気温が15℃ぐらいの日が連続して、慌ててホットカーペットを敷いたり、冬の服を準備したりと、冬支度。まぁ、季節の変わり目と言えば、その通りだけど。
 
2110nyata01
この時期の朝は、ココが一番、日当たりが良い
 
2110nyata02
知らぬ間に、庭の木が秋らしくなっていた
 
2110nyata03
ポカポカ~
 
にゃあ太は、いつの間にかモコモコの冬毛に包まれ、秋冬に向けての準備は完了の模様。いろんなところの窓やガラス戸から外を眺めるのが好きなにゃあ太だが、寒い朝など、「窓を開けて〜!」とねだることが少なくなってきた。ただ、窓開けリクエストがゼロになることはなく、しかも、せっかく開けてやったのに、30秒もしない内に、「寒い! もう、いい!」とどこかに行ってしまったりする。その度に、窓を開けたり閉めたり、妙に忙しくなり始めると、秋が深まってきたなぁと感じる。
 
2110nyata04
門の外ではチョット慎重
 
2110nyata05
「オヤツ、くれるよね?」と、お行儀良く待機中
 

| | コメント (0)

2021.10.04

2021年9月のにゃあ太

9月というと、8月の暑さをそのまま引きずって始まるイメージだが、今年はいきなり最高気温が20℃あたりに下がり、前半を中心にくもりや雨の日がやけに多くて、にゃあ太と散歩に出るのも少なかった。まぁ、最近は、そんなに頻繁に外に出たがらないが(セミがいなくなったから?)
ところで、9月24日は、にゃあ太が我が家のイエネコになった記念日(「半ば強制的にイエネコにした記念日」の方が正しいが)で、めでたく6年が経過した。飼い主どもの扱い方を常日頃から学習している模様で、だいぶ甘え上手になっているような気がする。(にゃあ太の最初の記事はコチラ)
 
2109nyata01
こんな秋晴れの日は少なかった
 
2109nyata02
今日は散歩に出られるかなぁ
 
2109nyata03
もっと日当たりの良いところに行けば?
 
2109nyata04
以前より、大人しい散歩になった気がする
 
このオモチャは小さい頃から大好き。
(他は全て、すぐ飽きた。なので、もう買わない)

| | コメント (0)

2021.09.04

2021年8月のにゃあ太

今年の8月は、世の中が最も夏休みを楽しみそうな中旬に、台風が来たり前線が停滞したりで雨が続くという、変な天気だった。ま、個人的には、新型コロナウイルスのお陰で、今年も旅行の予定はなく、天気なんてどーでも良かったけど。
にゃあ太はどうかと言うと、さすがに雨の日は諦めるが、天気が良い日は、やったら暑い中、朝、昼、夕と1日3回お出掛け。
 
2108nyata01
チョット避暑地の雰囲気
 
2108nyata02
蚊取り線香の消費がやたらに早い
 
2108nyata03
足取りも軽く
 
我々飼い主どもとしては、特に真昼の炎天下の散歩が厳しく、まさに熱中症との闘い。そんな飼い主の苦労を横目に、にゃあ太は木陰で涼しい顔、というパターンの多いこと。
にゃあ太の外出は「セミ狩り」や「カナヘビ狩り」が目的で、ウロウロ探し歩いて見つけられないと、さっさと日陰に入って横たわり、その内お昼寝が始まってしまう。自然の風の方が気持ちが良いのかもしれないけど、昼寝するなら、家の中でお願いしたいねぇ
 
2108nyata04
ん? セミか?
 
2108nyata05
夕日がだんだん柔らかくなってきた
 
2108nyata06
除湿剤を枕に、お昼寝

| | コメント (0)

2021.08.01

2021年7月のにゃあ太

7月は、真ん中辺りまで梅雨だったのだがそんなことをそんなことを忘れさせるくらい、後半は太陽ギラギラの夏真っ盛り状態に。となると、我々飼い主どもは冷房が効いた部屋で過ごすのが幸せなのだが、にゃあ太は冷房が苦手で、チョット蒸し暑いくらいの方が好き。「屋外の木陰」がお気に入りで、散歩に出るとお好みスポットで30分以上も動かなかったりする。
2107nyata01
今年も、暑い夏が来た
2107nyata02
寝る前に外をチェック
2107nyata05
どこが涼しいか、よく知ってる
 
この時期、にゃあ太の散歩で一番困るのが「セミ狩り」。なぜか、セミを捕まえることに執念を燃やし、捕まえると食べてしまったりするので、ホントに困る。なので、散歩の前に、セミがいないかチェックしたりしているが、セミもバカで、にゃあ太の手が届かない高いところにいれば良いのに、意外と地面近くに下りていて、にゃあ太の餌食になったりする。それでなくても暑くてつらい散歩のお付き合いなのに、もう大変。来月もかぁ...
2107nyata04
いつものお立ち台へ、ジャンプ!
2107nyata03
一通り、家の周りの「セミ探し」を終えると、日陰に落ち着く
 
散歩から戻った後のエチケット(必ずやるわけではないが)
 
近所迷惑なデカイ鳴き声
 
セミの気配を感じると、どこにでも行く
(この後、セミを口にくわえて出てきたので、慌てて、はき出させた)

| | コメント (0)

2021.07.03

2021年6月のにゃあ太

毎年この時期は天気の悪い日が多く、にゃあ太の散歩に出られるかどうか微妙な時があるが、その辺りはにゃあ太がしっかり判断する。
地面が少しぐらい濡れていても気にしない、野良ネコ精神が残るにゃあ太だが、さすがに雨が降っている日は「今日はダメだな」とサッサとあきらめる。一方、日が差していなくても、地面が濡れていても、「行ける!」と思うと、玄関ドアの前でニャアニャアとアピール。
その雄叫びをきっかけに、飼い主どもは、蚊取り線香に火を付けたりして、散歩の準備に取りかかるのであった
2106nyata01
今年も、蚊取り線香の季節がやってきてしまった...
2106nyata02
雨上がりの朝
2106nyata03
天気の良い日の方が、やっぱり、ご機嫌な感じ
2106nyata04
じーっと何かを見つめる ネコによくある光景
あまり美味しそうではないな

| | コメント (0)

2021.06.06

2021年5月のにゃあ太

新型コロナウイルスのお陰で、まさかの2年連続お出掛けNGのゴールデンウィークで始まった5月。1年の中で、気候的には最も気持ちの良い月なのに… まぁ、今年の5月は中旬ぐらいから曇りや雨の日が多くなって、もう梅雨入り?みたいな、チョット冴えない感じだったが。にゃあ太の散歩も、爽やかな青空の下で、というのは少なかったような気がする。
2105nyata01
随分前から食事とトイレの時以外はケージに入らなくなったので、3階を撤去
2105nyata02
「林の中のにゃあ太」のイメージ
2105nyata03
猫草をなぎ倒して、バリバリ
2105nyata04
気温が上がって、夕方の散歩も心地よくなった
 
天気の良し悪しに対するにゃあ太の判断は明快で、朝、外を眺めて天気が悪いのがわかると、「ダメだ、こりゃ」と、さっさと寝床やお気に入りのお休みスポットに入って、昼のおやつも忘れて夕方までそこで過ごしたりして、やけに落ち着きのあるネコになる。一方、天気が良いと、あっちこっちの窓から外を眺めて、そわそわと落ち着きが無く、「早く散歩に連れて行け~」と催促。同じほ乳類として、行動や気持ちに共感できて、何だか楽しい
 
登るときの勢いは、何処へ行った?
 
ケージの屋上は、お気に入りスポットに昇格
 
急にどうした?
 
にゃあ太をマッサージをしていると、だんだん眠くなってくる
 
市販のオモチャを必要としないネコ
 
爪の引っかかり具合がちょうど良い模様
 

| | コメント (0)

2021.05.01

2021年4月のにゃあ太

4月はにゃあ太の誕生月。4月24日で6歳になった。元野良ネコなので本当の誕生日はわからないが、我が家のイエネコになった9月24日を基に、"目撃情報"からこの日にしている。"目撃情報"とは、にゃあ太の生まれた場所が我が家から見えるところにあって、4月の終わり頃に子猫たちがウロウロしていたのを見た、というもの。ということで、もしかすると本当の誕生日はもうチョット早いかも。
2104nyata01
ノースポールとにゃあ太
2104nyata02
この枝に、よく顔をこすりつける。お気に入りなのか?
 
2104nyata03
モッコウバラとにゃあ太
 
2104nyata04
夕方の散歩中
 
にゃあ太は3兄弟で、いつも3匹で我が家にやってきて、庭で遊んだり、ウッドデッキでくつろいだり、オヤツをもらったりしていた。今思うと、他の兄弟2匹も一緒に飼ってやれば良かったかなと思うが、にゃあ太だけが図々しく家の中に入ってオヤツを食べたり昼寝をしたりして、他の2匹は警戒して家の中に入ることは無かった。
野良ネコのままでいるより、イエネコになった方が贅沢できるので、にゃあ太が"うまいことやった"って、ことかな
 
2104nyata05
チューリップとにゃあ太
 
2104nyata06
ゴールデンウィーク初日
 
こんな感じで、おやつをもらうまで、ず~っと粘る
 
大好きなおもちゃ(?)、シウマイ弁当のヒモ

| | コメント (0)

2021.04.04

2021年3月のにゃあ太

3月の初めの頃は「やっと暖かくなるのかな?」なんて思っていたが、途中から一気に4月のような陽気になって、桜も開花したらすぐに満開、3月の終わりには散っちゃうという、今年の3月は妙に暖かかった。
まぁ、寒いよりは良いのでwelcomeな気分だけど、この陽気で、にゃあ太の活動モードは春・夏パターンに完全に切り替わった。早い時には、朝3時台に寝床から出て、4時台に「お腹空いた~、朝ゴハン~」と起こしに来る。チョット辛い...
 
2103nyata01
午前中、日当たりの良い窓際で毛繕い
 
2103nyata02
午後、日当たりの良いウッドデッキで大あくび
 
2103nyata03
ポカポカ陽気
 
2103nyata04
小松菜を植えてみたら、花が咲いた
 
2103nyata05
う~む、窓が汚いのが残念
 
2103nyata06
「ん?何処に行った?」と探すと、クローゼット上段のこんなところに潜んでいたりする
 
コレ、実は、おやつをねだり続けるので、
ボール遊びでごまかそうとしているシーン

| | コメント (0)

より以前の記事一覧