2019.05.18

東北本線(北福岡~一戸)-1982年4月4日

前回記事(→コチラ)で、1982年4月3日に奥羽本線の庭坂付近で撮った写真を掲載したが、その翌日4月4日には、東北本線をだいぶ下って北福岡(現在は、二戸)近くで撮影を行った。撮影行の記録はないが、いつもは上野から乗っている「八甲田」に、福島から乗って移動したハズ。
ちなみに、前日の4月1日は、羽越本線の吹浦~小砂川(現在なら女鹿が近い。当時は女鹿信号場だった)で写真を撮っている(記事は→コチラ①コチラ②コチラ③)。
なので、この時の撮影行の行程は、4/1上野→「鳥海」(車中泊)→4/2吹浦→秋田→「津軽」(車中泊)→4/3福島→「八甲田」(車中泊)→4/4北福岡→青森→「八甲田」(車中泊)→4/5上野だと思う。我ながら、「どれだけ元気なんだ、オマエは?!」という気分(^^;
 
さて、ここは北福岡から歩いて10分程度と手軽で、山をバックにキレイな編成写真が撮れるという、4~5回は行っている私にとって定番の撮影ポイント。同じアングルばっかりになってしまうのが、弱点だが。
■カメラ:Canon F-1
■レンズ:135mm、80-200mm
■フィルム:コダクローム64
24610559
6105レ「八甲田59号」 135mm 1/125 f2.5-4
251627
1627レ 135mm 1/250 f2.5
262033
203レ「十和田3号」 135mm 1/125 f2.5
2750077
5007レ「ゆうづる7号」 135mm 1/250 f2.5
29537
537レ 80-200(200)mm 1/125 f4
 
さすがに疲れていたのか、どうも、写真のキレが悪い気がする。フィルムがISO64と感度が悪く、天気も今一つだったので、シャッター速度が1/125や1/250と遅くて、全体的に写真がブレブレ。今のようなデジ一眼が当時あったら、もっといい写真が残せたのになぁ...
 
30501711
5017レ「ゆうづる11号」 80-200(200)mm 1/125 f4
32891
貨891レ 80-200(200)mm 1/125 f4
35112d
112D「しもきた」 135mm 1/250 f4
36
貨レ 135mm 1/125 f2.5
372055
205レ「十和田5号」 135mm 1/125 f2.5

| | コメント (2)

2019.05.12

奥羽本線(庭坂~赤岩)-1982年4月3日

昨年の10月に、昔々に撮った写真(ポジフィルム)をデータ化するためにフィルムスキャナを購入したが(→記事はコチラ)、その志の勢いはすぐに衰え、半年間でスキャン作業を行ったのは、たった2回。しかもスキャンしたまま放置という体たらく。なるべく楽に出来るようにフィルムスキャナ買ったんだけど、やっぱり、面倒なんだよねぇ...
 
奥羽本線は福島~青森の長い路線だが、列車の運行パターンから福島~秋田と秋田~青森の2つに分けられる。その内の福島側での名所と言えば、「板谷峠」。ただ、赤岩、板谷、峠といった板谷峠のど真ん中に行くと、線路周辺に開けた場所は少なく、一般的な編成写真は撮りにくい。この時は、奥羽本線の福島側に初めて撮影に来たので、板谷峠に上り下りする列車が無難に撮れる、庭坂から少し赤岩側に移動したポイントを選んだ。
■カメラ:Canon F-1
■レンズ:50mm、135mm、80-200mm
■フィルム:コダクローム64
G011032m2
1032M「やまばと2号」 50mm 1/250 f4
G025493
貨5493レ 50mm 1/250 f4
G03468
貨468レ 50mm 1/125 f5.6
G057404m2
7404M「ざおう2号」 80-200(100)mm 1/250 f4.5
G06425
425レ 80-200(135-200)mm 1/250 f4
G071034m4
1034M「やまばと4号」 80-200(100-135)mm 1/250 f4.5
 
この後に板谷峠を訪れたのは、8年後の1990年2月の赤岩駅。たぶん、山形新幹線の工事が始まるというので、雪の板谷峠を撮っておこうと慌てて出掛けたのだと思うが、案の定、写真の構図としては今一つだった。それにしても、2回しか行かなかったとは... もったいないことしたなぁ...
 
G09401d1
401D「おが1号」 80-200(200)mm 1/125 f4.5
G10463
貨463レ 80-200(200)mm 1/250 f4
G11426
426レ 80-200(135)mm 1/125 f4
G131042m2
1042M「つばさ2号」 80-200(135)mm 1/125 f4
G14800151
8001レ「つばさ51号」 80-200(200)mm 1/250 f4
G17427
427レ 50mm 1/250 f5.6
G181031m1
1031M「やまばと1号」 135mm 1/250 f4

| | コメント (2)

2018.10.27

フィルムスキャナ購入

我が撮り鉄時代(そんな呼び名なんて無かった時代だけど)に撮った写真のデータ化のため、フィルムスキャナを購入した。

181027scan残っている撮り鉄時代の写真は、全てスライドマウントのポジフィルムで、数を数えたことはないが、スライドが入った箱の数から考えると、1,000枚以上ありそう。これらの写真のデータ化は、2005年~2009年あたりに実施していているが、汎用のスキャナを使ったのでフィルムのセットが面倒で、さらにスキャン用のアプリが使いにくくて手間が掛かり、6~7割ぐらいをデータ化したところで中断してしまった。それから10年、撮影してから40年近く経つフィルムも出てきたので、そろそろ劣化が気になり、データ化作業の再開を決意。作業の効率化を図るため、フィルムスキャナを買うことにした。全てのフィルムのスキャンを終えると、用が無くなってしまうので、ややもったいない買い物のような気もしたが...
10/27(土)に初めて使ってみたが、スキャナ単独でスキャンが実施できるため、以前の方法と比べると、とても手軽で素早い。スキャナのモニタが小さくて、画像データの細部まで見ることはできず、PCに移して確認する必要はあるが、スキャン作業自体の手間が少ないので、コレなら、ちゃんと最後までデータ化作業をやれそう

| | コメント (0)

2017.04.15

さようなら 583系

583sayonara00先日4/8(土)、引退する583系の最終運行が実施された。
私にとって583系とは、「国鉄の車両の中から好きな車両を1つ選ぶとしたら、何?」という問いに、躊躇なくその名前を即答するような存在。
車両限界いっぱいの大きな車体と「専用」の青いカラーリングが、他の「赤い」特急型車両とは別格のフラッグシップ的な雰囲気を漂わせていた。それが、13連の長大編成で目の前を駆け抜ける姿は、圧倒的で壮観だった。

583sayonara01583sayonara02

583sayonara03583sayonara04

撮影に出かけた時には、撮り忘れたり撮り逃したりするのは許されない。走行する時刻をよーく確認して、光線状態やアングルが今一つでも、とにかくシャッターを切ったように思う。

583sayonara05583sayonara06

583sayonara07583sayonara08_3

そんな特別にお気に入りの583系だが、乗ったことはほとんどない。まともに乗車したのは「あいづライナー6号」が最初で最後だった。

583sayonara09583sayonara10

583sayonara11583sayonara12

それにしても、こうやって、国鉄時代の列車や車両が廃止される時、「自分の撮り鉄時代は、何て贅沢だったのだろう」としみじみと思う。

■掲載写真
①1988.1.5 二戸-一戸 1003Mはつかり3号
②1986.7.30 奥中山-小繋 1006Mはつかり6号
③1981.5.3 金谷川~松川 はつかり(詳細不明)
④1985.11.4 片岡-矢板 はくつる4号
⑤1988.1.4 奥中山-小繋 9008Mはつかり86号
⑥1982.5.22 東大宮-蓮田 27Mはつかり7号
⑦1986.4.3 牛ノ谷-細呂木 8014M雷鳥54号
⑧1986.4.2 新疋田~敦賀 8014M雷鳥54号
⑨1986.4.1 石動~倶利伽羅 8016M雷鳥58号
⑩~⑬2007.7.15 会津若松 あいづライナー6号

| | コメント (2)

2016.06.03

500TYPE EVA 遭遇

6/2(木)、神戸への出張時に、新神戸で500TYPE EVAに遭遇した。

160602type50001160602type50002

スマホでは、うまく撮れん...

160602type50003160602type50004

やっぱり、新幹線車両の中では、500系が一番カッコイイ
(中は狭くてNGだけど


| | コメント (0)

2015.03.16

さようなら「北越」「トワイライトエクスプレス」

2015年3月14日のダイヤ改正で、「北越」と「トワイライトエクスプレス」が廃止された。

Hokuetsu01Hokuetsu02

「北越」は、私の世界ではマイナーな存在で、いろいろと走っている北陸特急の中の1つに過ぎなかった。実際、走行写真を撮ったのは、この時だけ。同じ北陸本線でも、撮影効率が良い金沢から西側には、新疋田付近などに数回訪れているのだが。
最近は国鉄色の485系を使っていることで注目を浴びた「北越」だが、変な色に塗られた車両も同様に使用されていて、「雷鳥」の時のような気分にはならなかった。
北陸新幹線開業後は、「北越」に代わって、新潟-上越妙高間に「しらゆき」が走るが、新幹線とセットで新潟と金沢を結ぶのが目的ならば、名前は「北越」のままにして欲しかったなぁ...

Twilight01

「トワイライトエクスプレス」は、「北斗星」以上に、「撮るよりも、乗ってみたい」列車だった。大阪から札幌まで、22時間も客車に揺られて旅ができるなんて、こんなに楽しいことが、他にあるだろうか? 
...しかし、その実現に向けた行動が起こせぬまま、列車が消えてしまった。 のんびり旅行が計画できるような時間的余裕が欲しいねぇ...

| | コメント (4)

2015.03.15

さようなら「北斗星」

2015年3月14日のダイヤ改正で、「北斗星」が廃止された。夏まで臨時が走るらしいが。

Hokutosei02Hokutosei03

Hokutosei04私にとっての上野発東北方面の寝台特急は、「ゆうづる」「はくつる」「あけぼの」であって、「北斗星」には、それほど強い想いを持っていない。
我が撮り鉄時代は1990年頃に終焉を迎えるが、「北斗星」は、その最後の方、だんだん実物がつまらなくなってきた頃に登場した列車で、「JR純正の新しい特急」という点からも、あまり興味を引かれなかったのかもしれない。

Hokutosei01被写体としての想いは薄い「北斗星」だが、本来の旅の移動手段としてはとても魅力的で、「いつかは乗ってやる」と思い続けてきたが、その望みが叶わぬまま、廃止の時を迎えてしまった。

トワイライトエクスプレスも廃止され、残った客車列車は、定期の「はまなす」、臨時の「カシオペア」と「北斗星」だけ。寂しいねぇ…

| | コメント (0)

2015.03.11

さようなら「はくたか」

2015年3月14日のダイヤ改正で、「はくたか」が廃止される。

Hakutaka01Hakutaka02

私の場合、「はくたか」と言えば、当然、上野と金沢を上越線経由で結んでいた「はくたか」を指す。
485系/489系の交直両用車両ならではの重厚感が魅力的で、本数が少ないので希少価値も高く、上野駅高架ホームでは、見逃してはならない/撮り逃してはならない存在だった。
ただ、走行写真となると、機関車+客車/貨車を主体に追いかけていたので、上越線を訪れることはほとんどなく、チョットしか撮っていない。上越国境、もっと撮りに行けばよかったな...

Hakutaka03Hakutaka04

越後湯沢発着として復活してからは、もはや被写体ではなくなり、金沢方面への旅行の便利な足として何回か乗車したが、ほくほく線や北陸本線を軽快に駆け抜ける走りっぷりが何とも気持ち良かった。新幹線では、どんなに速くなっても、この爽快感を得られないのはなぜだろう。
以前販売していた「北陸フリーきっぷ(グリーン車)」というお得な切符を使ってグリーン車にも乗車したが、50年以上生きてきて、在来線の特急のグリーン車に乗ったのはコレ1回だけ。

Hakutaka05Hakutaka06

はくたかの魅力に、「はくたか」という列車名そのもののカッコ良さがあると思うが、北陸新幹線にその名前が残るのは、不幸中の幸いというところだろうか。速達タイプに「かがやき」と命名してしまうセンスの悪さには呆れるけど。

金沢の東、名所倶梨伽羅峠を越える特急列車もなくなり、最後に残った特急王国、北陸本線もこれでおしまいか...
毎年毎年、実物世界はつまらなくなるねぇ...

| | コメント (2)

2014.08.22

小湊鐵道-2014年8月13日

先週8/13(水)、南房総へドライブに出掛けた際、初めて小湊鐵道を訪問した。

「ついでに寄った」感じなので、駅でのスナップ的な写真を撮っただけだったが、のどかなローカル線の雰囲気は十分に味わえた。

Kominato01Kominato02

Kominato03Kominato04

Kominato05Kominato06


次は、しっかり撮影計画を立てて訪れたいが、1両編成を絵にするのって、難しそう...

Kominato07Kominato08

Kominato09Kominato10

Kominato11Kominato12

|

2014.03.14

さようなら 寝台特急「あけぼの」

2014年3月15日のダイヤ改正で、「あけぼの」が消える。

Akebono01Akebono02

撮り鉄が主体だった頃、下りの「あけぼの」を、奥羽本線の陣場~白沢間にある定番有名撮影ポイントで撮ることが多かった。青森のビジネスホテルに泊まり、青森を朝5時頃に発車する「白鳥」で弘前に移動し、弘前から普通列車で陣場へ...と、何とも割高な撮影地だったが、そうまでして訪れる価値があった。「あけぼの」と共に好被写体だった「日本海」も既に消滅し、これからは訪れる人も少なくなるのだろう。

周遊券利用がセオリーの貧乏撮り鉄学生には、とても「あけぼの」に乗車することはできず、時は流れて、一昨年の夏に、初めて乗車することができたが、結局、最初で最後の乗車になってしまった。でも、1回だけでも乗ることができて、本当に良かった。

さようなら 「あけぼの」。 そして、ありがとう...

Akebono03Akebono04

■写真:
上左) 2022レ あけぼの 2012年8月9日 青森駅
上右) 2022レ あけぼの 2012年8月10日 上野駅
下左) 1006レ あけぼの6号 1985年11月5日 片岡~矢板
下右) 1003レ あけぼの3号 1988年1月6日 陣場~白沢

|

より以前の記事一覧