2017.02.18

S2ブロック改:屋根や前面裾の補強板取付け

2/18(土)、屋根や前面への補強板の取付けを実施。

前回、バルサ材で屋根の「おでこ」部分を作ったが、ペーパールーフ側とのつなぎ目が今一つ滑らかにならず、表面をザラザラにして誤魔化してやろうと、ストーン調スプレーを吹いた。が、思っていたほど誤魔化せず、微妙に気になる状態に。少し離れて見れば気にならないレベルだが、鉄道模型は上から見下ろすことが圧倒的に多いので、修正することに決めた。
パテを盛って整形という手もあったが、面倒くさいので、屋根の補強板という名目で、つなぎ目を板で上から隠してしまうという「目隠し大作戦」でいくことにした。架空の車両なので、この辺はとっても自由coldsweats01

170218m11170218m12

補強板に使用したのは、C/Dブロックの架線柱に使った鉄橋の鉄骨桁/梁のキット(→記事はこちら)。リベットも表現されていて、補強板らしく見える。
補強板が余ったので、前面の裾にも接着してみた。勝手なイメージだが、こんな板がよく付いているような気が。チョットしたアクセントになって、いい感じsmile

| | コメント (0)

2016.11.13

S2ブロック改:工場A(地面の修正等)

11/5(土)~11/6(日)、工場Aで、地面の修正の続き等を実施。

工場Aの出入り口付近の地面は、10/23(日)に工作用紙で高さの修正を行ったが、あまり目に入らない場所とは言え、そのままにはしておけないので、まずは情景テクスチャペイントのライトグレイを使って地肌を表現。

161106s21161106s22

乾いた後、やや凸凹が強かったのでヤスリで表面を整え、アクリルガッシュのグレイッシュベージュで軽く汚した。下草として、いつものようにターフ/リアルサンド/カントリーグラスのブレンドを撒いて、地面作りは終了。
ついでに、敷地を囲むブロック塀も汚しておいた。使った色はグレイッシュベージュだけ。

| | コメント (0)

2016.11.03

S2ブロック改:国鉄線駅舎(改札口ラッチの設置)

11/3(木)、先週末に作成した国鉄線駅舎の改札口ラッチを設置。

設置する前に、まず、STカラーで塗装。素材の色が木製ラッチらしくて、そのままでも良いかなとも思ったが、後で後悔するかもしれないので、塗っておくことにした。以前から踏切板の色が薄いのが気になっていたので、こっちもついでに。

161103s21161103s22

STカラーを塗ると、薄めるために使うシンナーの影響かもしれないが、タミヤクラフトボンドで接着した部分が取れてしまう場合が多く、作業は素早く行うのが秘訣。と言いつつ、今回も一部で取れそうになったけどcoldsweats01

161103s23161103s24

塗装後に地面に接着して、作業終了。
夕日(と言っても14:30ごろだが)がキレイに差しこんでいたので、今回は自然光の下で撮影。コントラストが強くてやや見難い感じもあるが、なかなかイイ感じ。

| | コメント (0)

2016.10.29

S2ブロック改:国鉄線駅舎(改札口ラッチの作成)

10/29(土)、国鉄線駅舎の改札口ラッチを作成。

国鉄駅のラッチについては、実は、1年以上前に作成済み。が、最近、エムズコレクションのwebサイトに掲載された新製品の「小型木造駅舎」の写真を眺めていたら、以前作ったラッチが今一つのような気になってきて、再度作成することに決めた。

161029s21161029s22

素材は、細い柱を表現できるように丈夫で工作がしやすいもの、ということで見つけたのが、エムズコレクションの「トタン塀」の塀を支える枠。コレ、電話ボックスのフレームでも使ったが、要するに薄くて丈夫な紙なので、とても扱いやすい。
切ったり着けたりして、ササッと作成終了。

| | コメント (2)

2016.10.23

S2ブロック改:工場A(地面の修正)

10/23(日)、工場Aで、地面の修正を実施。

161023s21最近、ストラクチャーのレイアウト上への接着を立て続けに実施しているが、残るは工場Aだけとなった。で、こいつも接着すると思いきや、今回の作業は地面側の修正。
建物の出入口付近に地面との間に見苦しい隙間があって、ずーっと気になっていた。こんなところ、滅多に目に入るところではないので、放っておいても良いのだが、製作者っていうのはどうしてもこういうのが気になってしまうもの。建物の床は平らなので、隙間の原因は地面側にあり、工作用紙を貼って修正終了。

| | コメント (0)

2016.10.16

S2ブロック改:私鉄線終端駅駅舎(設置/固定他)

10/15(土)~10/16(日)、私鉄線終端駅駅舎のレイアウト上への設置/固定等を実施。

レイアウト上に固定する前に、アクリルガッシュのグレイッシュベージュとジェットブラックで軽く汚れを追加。それなりに汚しているのだが、写真ではあまり目立たない.... もう少し汚した方が良かったかな。もう、地面に接着しちゃったけど。

161016s21_2161016s22_2

| | コメント (0)

2016.10.10

S2ブロック改:跨線橋(設置/固定他)

10/10(月)、跨線橋のレイアウト上への設置/固定等を実施。

やや汚し過ぎた屋根のウェザリングを修正しようとチョットいじってみたが、結局あまり変わらず、あきらめて、跨線橋をレイアウト上に固定することに。跨線橋の台座(?)はプラ板でできており、ここは瞬間接着剤を使って、しっかりとプラットホームに接着した。

161010s21161010s22

跨線橋を作成し始めたのが2013年5月末頃。3年4ヶ月を経て、ようやくホームの上に落ち着いたsmile

| | コメント (0)

2016.10.09

S2ブロック改:ホーム上屋屋根等(ウェザリング)

10/9(日)、ホーム上屋の屋根や駅舎差掛け屋根のウェザリングを実施。

前回の跨線橋に続いて、下り線ホームの上屋屋根と、駅舎の差掛け屋根のウェザリングを行った。当然ながら、使った塗料は、跨線橋と同じ2色のアクリルガッシュ。跨線橋の時の教訓(?)を活かし、今回は、少々、汚しを控え目にしてみた。

161009s21161009s22

やっぱり跨線橋はチョット汚し過ぎたかな... 修正しようかなぁ...

| | コメント (0)

2016.10.02

S2ブロック改:跨線橋(ウェザリング)

10/1(土)~10/2(日)、跨線橋のウェザリングを実施。

跨線橋は2013年末(2年9ヶ月前?!)に塗装まで終えていて、塗装がはがれた部分の手直しは残っていたものの、レイアウトに設置されるのをずーっと待つ身だった。ようやく他のストラクチャーの作成や設置が終わり、いよいよ跨線橋を設置/固定しようと手にとってみたら、ウェザリングをしていないことに気が付いたcoldsweats01

跨線橋本体の壁は塗装した時にウェザリングも済ました感じで仕上がっていたが、外側の骨組みはキレイなまま。塗料は、前回の架線柱ビームと同じく、アクリルガッシュのグレイッシュベージュとニュートラルグレー8を使った。普通はタミヤ-エナメル塗料あたりを塗るのだろうが、アクリルガッシュは水性なので気軽に使えるのが良い。ただ、塗装面への定着性は悪いので、乾かしながらの作業になる。

161002s21161002s22

続いて、屋根について、塗装がはがれたところをタミヤ-アクリル塗料のフラットグリーンとフラットブラウンで塗り直し、同様にアクリルガッシュを使ってウェザリング。チョット汚し過ぎたかな。

161002s23161002s24

時間が足りなくなり、レイアウトへの設置/固定はできず。

| | コメント (2)

2016.09.25

S2ブロック改:架線柱(ビームのウェザリング)

9/25(日)、国鉄線の架線柱で、ビームのウェザリングを実施。

前回、国鉄線架線柱で柱をコンクリート風に塗装し直し、いい気分で眺めていたら、今度は、ビーム部分が平凡なグレーなのが気になり始めた。以前、タミヤのウェザリングマスタで軽く汚したのだが...
ということで、ビームのウェザリングを実施。塗料は、アクリルガッシュのグレイッシュベージュとニュートラルグレー8を使用。チョットやり過ぎかな、というぐらい汚してやった。

160925s21160925s22

また、柱に小さな穴がいくつか開いているのに気付いた(前回撮影した写真を拡大した時に発見。目視では老眼のため、気付かず...)ので、紙ヤスリで表面を整えて再塗装した。前回と同じ色は二度と作れないので、色違いになってしまったけど...

| | コメント (0)

より以前の記事一覧