2018.04.17

S2ブロック改:撮影会その3

4/15(日)、S2ブロックで撮影会を実施。

今回は、実物車両で言えば形式写真のような写真を撮影。撮る前に、駅前通りの建物の「裏蓋」を作成。さらに、いつの間にか、「真田屋商店」の棟瓦が外れて無くなっていたのでcoldsweats01、慌てて作って接着。

180415s21180415s22

180415s23180415s24

こうやって全体を眺めると、4つの線路が並んでいるのが、何となく、間が抜けて見えるんだよなぁcatface

| | コメント (0)

2018.04.08

S2ブロック改:撮影会その2

4/1(日)と4/8(日)、S2ブロックで撮影会を実施。

「自然光の下での撮影」にこだわってみたが、撮影場所の関係で自由なアングルが取れず、また、刻一刻と太陽光の角度が変わっていってしまい、難しい...

180401s21180401s22

180408s21180408s22

180408s23180408s24

| | コメント (2)

2018.03.31

S2ブロック改:撮影会その1

3/31(土)、S2ブロックで撮影会を実施。

レイアウトの撮影は、できれば自然光の下で行うのが望ましいと思うが、広~いお庭があるような邸宅に住んでいないと、公園のようなところにレイアウトを担いでいって撮影、なんてことになり、なかなか実行は難しい。とりあえず、窓際でチャレンジしてみた。

180331s21180331s22

180331s23180331s24

| | コメント (0)

2017.12.24

S2ブロック改:バス停標識(その2)

12/23(土)~12/24(日)、バス停標識の塗装と設置を実施。

塗装に使ったのはPOSCAの白と灰色。「邪道」とか「手抜き」とか言われそうだが、楽をしたのは確かcoldsweats01 ただ、POSCAは単に手軽なだけでなく、紙以外にプラスチックや金属などにも塗ることができて(固着性は落ちるけど)、水性なので臭くなく、乾けば水にも強くて重ね塗りも可能と、塗料としてなかなか優れている。今回は塗る対象が小さいので、通常のペンのように塗るのは難しいため、絵皿にインクを出して、爪楊枝や紙片を筆代わりに使って塗った。

171223s21171224s21

待合小屋の脇に立てて、できあがり。これまで2年間、待合小屋だけの中途半端なバス停だったが、ようやく万人が理解してくれそうな姿になった。

| | コメント (0)

2017.12.17

S2ブロック改:バス停標識(その1)

12/16(土)~12/17(日)、バス停標識の作成を実施。

「S2ブロックの改造って、まだやっていたの?」と自分でツッコミたくなるが、実はまだ仕事が残っていたりする。バス停については、2016年1月に(→記事はコチラ)待合小屋を作成しているが、バス停の標識は同じ頃にPowerpointで作画してラベルシートに印刷したところでストップ。約2年ぶりの作業再開となった。

171217s21171217s22

停留所名と時刻表の板は0.3mm厚プラ板、支柱は0.5mm径真鍮線、一番下のベースは1mm厚プラ板で、それぞれ作成し、瞬間接着剤で組み立てた。次回は塗装。

| | コメント (0)

2017.08.14

S2ブロック改:地面ベース側面の化粧板

8/13(日)~8/14(月)、地面ベース側面の化粧板の作成/取付けを実施。

夏休みなのに曇り空や雨ばかりが続き、ドライブなどに出掛ける気も起こらず、家に籠ってちまちまと模型作業... あ~あ、つまんな~いsad 
で、レイアウトの見栄えを良くするため、地面のベース部分の側面に化粧板を貼付けた。使用したのは、1mm厚のバルサ板。この作業、一見簡単そうに見えるが、この段階で地面の形に合わて化粧板をカットするのはなかなか大変。本当は建物等を建てる前、地面の形が決まったところで、化粧板も作ってしまうのが良いのだが、ウチのレイアウトの場合は、作りながら地面の形が変わっていく可能性大なので、こうやって最後に苦労することになる。

170814s21170814s22

ベース側面にバルサ板を当て、現物合わせでチョットずつカット。側面自体にも凸凹している部分があり、紙をバルサ板との隙間に挟んだりして、予定外の手間と時間が掛かった。ま、期待通り、見た目はキレイになったけど。

| | コメント (0)

2017.08.06

S2ブロック改:商店等の裏蓋

8/6(日)、商店等の裏蓋を作成。

170806s21エンドレス内側/外側の端に並ぶ商店や工場などは、建物を途中でカットしたような姿になっているが、裏側からの見栄えを整えるため、「裏蓋」を作成した。
最初、工作用紙でしっかりした蓋を作ってみたが、表側から見ると、内部がかなり暗くなって、せっかく作った内装の意味がなくなってしまうので、裏からの光が透けるような紙で作り直した。が、見た目がチョットなぁ...、やり直すか...
建物の下のベースも、発泡スチロールやバルサ材がむき出し状態だが、.これらの見栄えも整える予定。

| | コメント (0)

2017.07.29

S2ブロック改:架線柱の支線とガード(取付け)

7/29(土)、架線柱の支線と支線ガードの取付けを実施。

昨年11月以来、久しぶりのS2ブロックでの作業は、下り線ホームの架線柱への支線と支線ガードの取付け。支線は0.3mm径の真鍮線を使い、色はPOSCAの灰色を塗った。支線ガードは、昨年の9月に作成済(→記事はコチラ)。9月の記事では、トラ模様の巻き方が逆と書いているが、実は、この後に正しい巻き方のものを作っている。ところで、この支線、単なる飾りではなくて、9月の記事にも書いたように、架線柱をまっすぐに立てるというホンモノと同じ使命を持っている。取付けには意外に手間が掛かったが、おかげさまで、架線柱はキレイにまっすぐ立った。

170729s21170729s22

これで、予定していたストラクチャーの作成/設置は終了。

| | コメント (0)

2016.11.13

S2ブロック改:工場A(地面の修正等)

11/5(土)~11/6(日)、工場Aで、地面の修正の続き等を実施。

工場Aの出入り口付近の地面は、10/23(日)に工作用紙で高さの修正を行ったが、あまり目に入らない場所とは言え、そのままにはしておけないので、まずは情景テクスチャペイントのライトグレイを使って地肌を表現。

161106s21161106s22

乾いた後、やや凸凹が強かったのでヤスリで表面を整え、アクリルガッシュのグレイッシュベージュで軽く汚した。下草として、いつものようにターフ/リアルサンド/カントリーグラスのブレンドを撒いて、地面作りは終了。
ついでに、敷地を囲むブロック塀も汚しておいた。使った色はグレイッシュベージュだけ。

| | コメント (0)

2016.11.03

S2ブロック改:国鉄線駅舎(改札口ラッチの設置)

11/3(木)、先週末に作成した国鉄線駅舎の改札口ラッチを設置。

設置する前に、まず、STカラーで塗装。素材の色が木製ラッチらしくて、そのままでも良いかなとも思ったが、後で後悔するかもしれないので、塗っておくことにした。以前から踏切板の色が薄いのが気になっていたので、こっちもついでに。

161103s21161103s22

STカラーを塗ると、薄めるために使うシンナーの影響かもしれないが、タミヤクラフトボンドで接着した部分が取れてしまう場合が多く、作業は素早く行うのが秘訣。と言いつつ、今回も一部で取れそうになったけどcoldsweats01

161103s23161103s24

塗装後に地面に接着して、作業終了。
夕日(と言っても14:30ごろだが)がキレイに差しこんでいたので、今回は自然光の下で撮影。コントラストが強くてやや見難い感じもあるが、なかなかイイ感じ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧