2018.09.22

鉄道模型趣味10月号に記事掲載

今月発売の鉄道模型趣味の10月号に、レイアウトコンペで写真と一緒に送った製作記が掲載された。

180922tms01180922tms02

今回は佳作のためか、表紙まで飾っていて、嬉しいやら恥ずかしいやらの気分だが、トリミングし過ぎで、やけに写真が拡大されていて、ボロが出そう。一番目立っているED75、ただの買い物だし
本文の方は6ページで、真ん中の見開きはカラー写真だけのグラビアページ。他のページも、モノクロながら写真がたくさん掲載されていて、随分、サービスしてくれた。まぁ、他に載せる記事が少なかっただけかもしれないけど

コンペ入賞作品が発表されてから、いくつかの製作記が掲載されたが、それらを眺めていると、やっぱり写真の出来に重きが置かれたコンペなんだなぁと改めて感じる。応募する人への注意喚起のために、「レイアウト『フォト』コンペ」と改名した方が良いんじゃない? 実際、私が最初にCブロックとDブロックで応募した時は、「こんなの出来ました~」みたいなご紹介写真ばかりで、よくもまぁアレで準佳作をくれたものだ。

さて、次はS1ブロックの改造が終わったら応募するつもりだが、いつになることやら

| | コメント (2)

2018.07.21

祝 「佳作」受賞

「鉄道模型趣味」誌の第41回レイアウトコンペに、S2ブロック改をエントリーしたところ、喜ばしいことに、「佳作」をいただいた。これまで応募したC・DブロックとS3ブロック改では両方とも「準佳作」だったので、ちょっぴりランクアップ

180720s21このコンペ、レイアウトの出来栄えもさることながら、フォトコンテスト的な面が強く、写真の善し悪しがランクを左右する(たぶん)。極端な話、どんなにすばらしいレイアウトを作っても、写真がヘタクソだと落選、ということ。なので、今回の撮影では、出来の悪いレイアウトでもリアルに見えるように、自然光の下での撮影にこだわってみた。それが良かったのかも。
ところで、受賞者リストには氏名と共に年齢が書かれているが、それを年代別に集計すると、20代=2名、30代=0名、40代=1名、50代=11名、60代=20名、70代=3名。年齢が上の方に偏るのは理解するが、それにしても年寄りばかりで、チョット笑える

| | コメント (6)

2018.04.29

S2ブロック改:撮影会その5

4/28(土)、S2ブロックで撮影会を実施。

撮影会は、もうコレで最後にするつもりだが、今回は、いつものEOS_7Dに加えてEOS_M3も使って撮影。7Dではレイアウトの外から望遠で撮るのが普通だが、M3は本体もレンズも小さいので、線路の上に置いて、レイアウトの中からの視点で撮ってみよう、という企て。実際、線路の上にカメラを置くことはできたが、被写体との距離が近いとピントが合わず、アングルが限定されてしまった。掲載した写真の内、1番上の左側と1番下の右側が、線路の上に置いたM3からの写真。

180428s201180428s202

180428s203180428s204

180428s205180428s206

| | コメント (0)

2018.04.21

S2ブロック改:撮影会その4

4/21(土)、S2ブロックで撮影会を実施。

「S1ブロックの改造はやめたの?」と自分で突っ込みたくなるが、いろいろ忙しくて週末にまとまった時間が取れなくて...が、言い訳。今回の撮影は、駅前通りにある「お食事処 はなびし」の入り口にのれんを掛け、メニューの看板を地面に固定したので、その記念。

180421s21180421s22

| | コメント (0)

2018.04.17

S2ブロック改:撮影会その3

4/15(日)、S2ブロックで撮影会を実施。

今回は、実物車両で言えば形式写真のような写真を撮影。撮る前に、駅前通りの建物の「裏蓋」を作成。さらに、いつの間にか、「真田屋商店」の棟瓦が外れて無くなっていたので、慌てて作って接着。

180415s21180415s22

180415s23180415s24

こうやって全体を眺めると、4つの線路が並んでいるのが、何となく、間が抜けて見えるんだよなぁ

| | コメント (0)

2018.04.08

S2ブロック改:撮影会その2

4/1(日)と4/8(日)、S2ブロックで撮影会を実施。

「自然光の下での撮影」にこだわってみたが、撮影場所の関係で自由なアングルが取れず、また、刻一刻と太陽光の角度が変わっていってしまい、難しい...

180401s21180401s22

180408s21180408s22

180408s23180408s24

| | コメント (2)

2018.03.31

S2ブロック改:撮影会その1

3/31(土)、S2ブロックで撮影会を実施。

レイアウトの撮影は、できれば自然光の下で行うのが望ましいと思うが、広~いお庭があるような邸宅に住んでいないと、公園のようなところにレイアウトを担いでいって撮影、なんてことになり、なかなか実行は難しい。とりあえず、窓際でチャレンジしてみた。

180331s21180331s22

180331s23180331s24

| | コメント (0)

2017.12.24

S2ブロック改:バス停標識(その2)

12/23(土)~12/24(日)、バス停標識の塗装と設置を実施。

塗装に使ったのはPOSCAの白と灰色。「邪道」とか「手抜き」とか言われそうだが、楽をしたのは確か ただ、POSCAは単に手軽なだけでなく、紙以外にプラスチックや金属などにも塗ることができて(固着性は落ちるけど)、水性なので臭くなく、乾けば水にも強くて重ね塗りも可能と、塗料としてなかなか優れている。今回は塗る対象が小さいので、通常のペンのように塗るのは難しいため、絵皿にインクを出して、爪楊枝や紙片を筆代わりに使って塗った。

171223s21171224s21

待合小屋の脇に立てて、できあがり。これまで2年間、待合小屋だけの中途半端なバス停だったが、ようやく万人が理解してくれそうな姿になった。

| | コメント (0)

2017.12.17

S2ブロック改:バス停標識(その1)

12/16(土)~12/17(日)、バス停標識の作成を実施。

「S2ブロックの改造って、まだやっていたの?」と自分でツッコミたくなるが、実はまだ仕事が残っていたりする。バス停については、2016年1月に(→記事はコチラ)待合小屋を作成しているが、バス停の標識は同じ頃にPowerpointで作画してラベルシートに印刷したところでストップ。約2年ぶりの作業再開となった。

171217s21171217s22

停留所名と時刻表の板は0.3mm厚プラ板、支柱は0.5mm径真鍮線、一番下のベースは1mm厚プラ板で、それぞれ作成し、瞬間接着剤で組み立てた。次回は塗装。

| | コメント (0)

2017.08.14

S2ブロック改:地面ベース側面の化粧板

8/13(日)~8/14(月)、地面ベース側面の化粧板の作成/取付けを実施。

夏休みなのに曇り空や雨ばかりが続き、ドライブなどに出掛ける気も起こらず、家に籠ってちまちまと模型作業... あ~あ、つまんな~い 
で、レイアウトの見栄えを良くするため、地面のベース部分の側面に化粧板を貼付けた。使用したのは、1mm厚のバルサ板。この作業、一見簡単そうに見えるが、この段階で地面の形に合わて化粧板をカットするのはなかなか大変。本当は建物等を建てる前、地面の形が決まったところで、化粧板も作ってしまうのが良いのだが、ウチのレイアウトの場合は、作りながら地面の形が変わっていく可能性大なので、こうやって最後に苦労することになる。

170814s21170814s22

ベース側面にバルサ板を当て、現物合わせでチョットずつカット。側面自体にも凸凹している部分があり、紙をバルサ板との隙間に挟んだりして、予定外の手間と時間が掛かった。ま、期待通り、見た目はキレイになったけど。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧